【女子準々決勝】今年もベスト4は東海学院、山梨学院、立命館、天理/全日本大学王座

2019.07.05 | 大学生

7月4日(木)に開幕した第38回全日本大学王座・東西交流戦
5日(金)にグリーンランドみずほホッケー場と立命館OICフィールドで女子準々決勝戦が行われた。

東海学院大学、山梨学院大学、立命館大学、天理大学の4チームが準決勝進出を決めた。

女子4強崩れず

【女子準々決勝戦の結果】

関西学院、試合終了間際にゴールを決める

関西学院は昨年度優勝校の東海学院大学に敗北するも、試合終了間際に1ゴールを決めた。

得点を決めたのは10番佐守愛華選手(4年生)。

明日は準決勝&東西交流戦

明日6日(土)は決勝戦進出をかけ、準決勝戦が立命館OICフィールドで行われる。

【準決勝戦スケジュール】

さらに、12時30分からは東西交流戦が行われる。

西代表の選手は同志社大学、関西大学、京都大学、大阪体育大学、朝日大学の5校の18人選手で構成。
主将を務めるのは同志社大学3年生の外園ひかる選手。

東代表の選手は6校で構成。横浜市立大学、立教大学、上智大学、武蔵大学、成城大学、東京大学から選手が集う。
主将を務めるのは横浜市立大学3年生の山本澪選手。

過去のの女子の東西交流戦は西日本勝利が多く、31勝4分2敗の戦績。
力を合わせ、東代表は勝利をつかめるか。