大会情報・結果MATCH

試合結果速報

大会名 2012大学王座 対戦カード 東海学院大学 対 天理大学
区分 女子 ステージ 決勝
プール - 試合番号 W12
開催日 2012年06月19日(火) 13:30 会場 阿須
東海学院大学
(東海第1代表)
6 3 前半 0 1 天理大学
(関西第2代表)
3 後半 1

ゲーム公式記録

ゲーム開催データ
日付 開始時刻 天候 会場・コート ゲームNo
6月19日 13:30 人工芝 W12
審判員 審判員 ジャッジ T.O. リザーブ審判員
我妻 順子 小原 直也 櫻本 千恵子 清水 恭子 大西 揚士
ゲーム公式記録
チーム名 結果 チーム名
東海学院大学 6 3 前半 0 1 天理大学
3 後半 1
延長
  前半
後半
                      PS                      
                        -                        
小林 和典 チーム代表者 鹿野 育朗
St No 選手名 警告   St No 選手名 警告
G Y R G Y R
59 1 森 冴湖         1 景山 恵      
大橋 彩佳         勝山 遥加      
3 杉本 美紀         3 早戸 沙希      
4 義浦 絵吏子 21       5 髙木 夕陽      
5 楠 美沙子         13 6 河野 安歌音      
6 佐々木 美和         7 打谷 美貴      
7 市山 由貴         8 山中 優      
8 日隈 遥         9 笠原 佳乃      
9 永井 友里         10 遠藤 里菜      
56 10 木造 里緒李         11 伊藤 彩乃 40    
11 小沢 菜々恵         12 森 香奈枝      
59 13 河津 香由理         13 牛尾 朱里      
29 14 吉原 菜美         21 14 勝又 舞      
13 15 浅海 悠         20 15 福榮 実咲      
65 16 藤本 彩加         59 16 髙山 美咲      
17 松村 美穂         47 17 辻井 紫歩      
64 19 田口 佳奈子         18 中村 早紀      
48 22 森田 聖美         19 牟田 仁美      
23 真野 由佳梨         20 黒原 優希      
13 24 清水 美並         21 山口育海      
28 清水 香代         24 河内 佑有子      
65 29 早坂 蛍         25 松葉 美穂      
【得点経過】
Team Minute Goal
No.
Action Score Team Minute Goal
No.
Action Score Team Minute Goal
No.
Action Score
東海学院 5 9 FG 1 - 0 東海学院 54 17 FG 6 - 0
東海学院 30 9 FG 2 - 0 天理 57 10 FG 6 - 1
東海学院 32 11 FG 3 - 0
東海学院 42 7 FG 4 - 0
東海学院 46 11 FG 5 - 0

※Actionはフィールドゴール:『FG』、ペナルティーコーナー:『PC』、ペナルティーストローク:『PS』

【 戦 評 】 試合経過
 全日本大学ホッケー王座決定戦女子の部、東海地区代表の東海学院大学と関西地区代表の天理大学の対戦カードによる第31回目の決勝戦が阿須グラウンドにて行われた。
 天理は持ち前の素早いパス回しから攻撃をしかけ、3分に#10遠藤が強引にシュートを放ち、この試合はじめての得点チャンスを作る。対する東海学院の最初のチャンスは5分。#9永井がサークル手前でフォアターンから強烈なシュートを打つと、こちらは見事に敵のゴールに突き刺し待望の先取点を奪うことに成功する。するとここからさらに両チームの攻撃がヒートアップする試合展開となる。7分に東海学院の#2大橋がドリブル突破からチャンスを演出すると、10分には#9永井が強烈なリバースヒットでゴールを狙う。しかし天理のGK景山のファインセーブなどでピンチを防ぐと、14分にスイープでの打ち込みを#10遠藤が合わせるなど、天理も得点につながるプレーを披露する。そんな中21分、東海学院の#4義浦にグリーンカードが提示され、天理が数的有利になり、一気に攻めこみたい場面だったが上手く敵のディフェンスをかいくぐることができない。人数が同数に戻るとここから徐々に東海学院のペースになり、30分に敵のボールをカットした東海学院は一気に攻め上がり、右サイドを突破。そして#9永井が落ち着いてGKの足元をぶち抜き追加点をあげると、2分後には#23真野のヒットシュートのこぼれ球を#11小沢がしっかりと詰め、前半は東海学院の3点リードで終了する。
 後半、東海学院のセンターパスにより試合が始まると、前半同様東海学院の縦への素早い攻撃がさえわたる。さらに天理の#11伊藤が2分間退場処分となると、この隙を活かしてさらに攻めに転じる。すると数的有利の間に東海学院の#7市山がゴールを決め、後半もゴールを奪うと46分にはリバウンドを#11小沢が押し込む。54分にもゴール前の混戦から#17松村が決め、6-0と一気に差を広める。このままじゃ終われない天理は57分、#10遠藤が意地のゴールを決め、1点を返す。しかし東海学院の勢いを断ち切ることができず、最後の最後まで東海学院が攻めきり、そしてまもなく試合終了を告げるホーンがなった。この瞬間、東海学院大学は全国の大学が集うこの大会でタイトルを獲得。グラウンドにはピッチの選手とベンチの選手全員の歓喜の輪が広がっていた。