大会情報・結果MATCH

試合結果速報

大会名 2017関東学生秋季リーグ 対戦カード 東京農業大学 対 防衛大学校
区分 女子1部 ステージ リーグ
プール A 試合番号 W2
開催日 2017年09月03日(日) 11:15 会場 早稲田東伏見
東京農業大学 27 14 前半 0 0 防衛大学校
13 後半 0

ゲーム公式記録

ゲーム開催データ
日付 開始時刻 天候 会場・コート ゲームNo
9月3日 11:15~12:35 晴れ 早稲田東伏見 W2
審判員 審判員 ジャッジ T.O. リザーブ審判員
     
記録員 記録員      
     
ゲーム公式記録
チーム名 結果 チーム名
東京農業大学 27 14 前半 0 0 防衛大学校
13 後半 0
No SO No
-
チーム代表者
St Po No 選手名 警告   St Po No 選手名 警告
G Y R G Y R
GK 1 高橋 栞   GK 1 君島 奈々未
MF 2 岡迫 菜絵   FW 2 八尾 郁海
8 MF 3 大野 圭奈子   18 GK 4 山田 思惟佳
MF 4 馬場 玲奈   FW 5 濱田 百合子
FB 5 阿野 菜々花   FB 7 木村 幸映
FW 6 静 由衣子   MF 8 中畑 美紀
FW 7 入谷 真由   10 FW 10 杉山 佳那恵
FW 8 平石 響子   FW 12 山下 阿柚佳
FB 9 堀 詩以奈   12 FW 13 生田 真依
FB 10 吉田 彩乃   11 MF 14 出木 里奈
FW 11 名執 今日子   FW 15 伊藤 智咲
8 FW 12 荻原 詩央里   FB 16 五十嵐 千明
MF 13 中根 由季   FB 17 嶋田 万莉子
FB 14 橋本 茉咲   FB 19 市川 結子
  FW 20 横瀬 日葵
 
 
 
 
 
 
 
  PC数 12 シュート数 29   PC数 0 シュート数 1
【得点経過】
Team Minute Goal
No.
Assist
No.
Action Score
東農 2 4 7 FG 1 – 0
東農 4 2 4 FG 2 – 0
東農 4 8 FG 3 – 0
東農 6 4 2 PC 4 – 0
東農 6 4 FG 5 – 0
東農 10 8 2 FG 6 – 0
東農 12 7 4 FG 7 – 0
東農 13 4 12 FG 8 – 0
東農 20 7 FG 9 – 0
東農 22 2 FG 10 – 0
東農 23 10 2 PC 11 – 0
東農 25 4 PC 12 – 0
東農 26 2 4 PC 13 – 0
東農 30 4 FG 14 – 0
東農 37 4 FG 15 – 0
東農 38 13 4 FG 16 – 0
東農 47 2 FG 17 – 0
東農 48 7 2 FG 18 – 0
東農 50 13 6 FG 19 – 0
東農 52 12 PC 20 – 0
東農 55 2 6 FG 21 – 0
東農 59 8 FG 22 – 0
東農 60 6 2 FG 23 – 0
東農 61 8 FG 24 – 0
東農 65 8 PC 25 – 0
東農 66 6 FG 26 – 0
東農 68 8 FG 27 – 0

※Actionはフィールドゴール:『FG』、ペナルティーコーナー:『PC』、ペナルティーストローク:『PS』

【 戦 評 】 試合経過
 強い日差しの中に若干の涼しさが混じり、秋を感じさせる青空のもと秋季ホッケーリーグ東京農業大学対防衛大学校の試合が東京農業大学のセンターパスによりスタートした。前半2分、ボールを受けた#7入谷のワンタッチパスが#4馬場に繋がり、そのままスムーズな流れで得点する。試合開始早々に先制点をあげた東農大の勢いは止まることを知らない。前半4分に東農大主将#2岡迫が冷静にゴールに流し込むと、その1分後に#8平石が鮮やかなヒットシュートを決め、前半序盤から東農大の猛攻は続く。防衛大#7木村などが粘り強いディフェンスを見せるが、6分、10分、12分と立て続けにゴールを決められてしまう。どうにかして反撃したい防衛大は、前半13分に東農大DFのパスを前線でカットすると、東農サークルに侵入しチャンスを演出するもうまく得点に繋がらない。その後カウンターで東農大が追加得点をあげると、そのまま勢いは止まらず前半を14-0で折り返す。
 後半開始直後も東農大は得点を重ね非常に速いペースで得点を重ねるが、防衛大は調子を取り戻しDF陣とGK#君島の連携で東農大の猛攻による連続失点をしばらく抑える。そしてついに後半開始12分、防衛大にカウンターのチャンスが訪れたが、東農大DF陣の絶対的な守備でこれを防がれると、東農大#2岡迫の美しいリバースシュートがゴールネットを揺らす。東農大#4馬場と#8平石を中心とした連携、そして全く予期できない様々なPCのバリエーションによってその後も得点を重ねていく。後半20分、東農大DF陣のパスの乱れに防衛大#5濱田が反応、ボールを奪いハーフウェーラインからサークルまで東農大DFを振り抜き、ヒットシュートを放つが惜しくもゴールの枠から外れてしまう。また調子を取り戻したかのように思えた防衛大だったが、東農大#6静と#2岡迫の鮮やかなパスによる連携で失点を許すとその後も連続して失点してしまう。そのまま東農大は攻撃の手を緩めず、後半に13点を追加し27-0と快勝した。