大会情報・結果MATCH

試合結果速報

大会名 2017関東学生秋季リーグ 対戦カード 明治大学 対 山梨学院大学
区分 男子1部 ステージ 順位決定戦
プール - 試合番号 M41
開催日 2017年11月03日(金) 13:00 会場 慶應日吉
明治大学 0 0 前半 0 4 山梨学院大学
0 後半 4

ゲーム公式記録

ゲーム開催データ
日付 開始時刻 天候 会場・コート ゲームNo
11月3日 13:00~ 晴れ 慶應日吉グラウンド M36
審判員 審判員 ジャッジ T.O. リザーブ審判員
     
記録員 記録員      
     
ゲーム公式記録
チーム名 結果 チーム名
明治大学 0 0 前半 0 4 山梨学院大学
0 後半 4
No SO No
-
チーム代表者
St Po No 選手名 警告   St Po No 選手名 警告
G Y R G Y R
GK 1 塚田 駿   GK 1 千田 拓美
FB 2 前田 隆昭   FB 2 山崎 文也
7 FB 3 鵜飼 聡太   FB 3 千葉 健寛
FW 4 平井 一樹   7 FB 4 岩崎 星斗
42 FB 5 小野田 慎平   5 MF 5 大橋 洵
8 FW 6 千原 史也   MF 7 小澤 航太
FB 7 戸田 真人   MF 8 林 聡馬
FW 8 大嶋 元気   FW 9 小沢 諒
MF 9 川村 敬亮   FW 10 山崎 晃嗣
FB 10 谷光 未有   FW 11 上澤 祐斗
FB 13 遠藤 晴   FW 12 小川 恭平
MF 15 植村 彰斗   21 FB 15 浦下 陸
11 FW 16 松尾 衛   8 FB 16 藤本 尭良
52 FW 18 松永 貴裕   MF 17 佐土 弘樹
50 MF 19 宮野 嵩大   8 FW 21 沖津 光輝
MF 20 舘 亮佑   13 FB 23 田辺 直也
FB 23 橋本 岳樹   FB 24 工藤 直明
MF 24 太田 陸登   FB 25 塚原 晃哉
GK 25 野井 辰真   7 FW 28 縣 諄
25 FW 26 久保庭 昌太郎   30 高野 雄介
FW 28 柴田 翔哉   35 山崎 篤史
68 MF 29 横山 和以  
  PC数 1 シュート数 4   PC数 4 シュート数 12
【得点経過】
Team Minute Goal
No.
Assist
No.
Action Score
山梨学院 38 10 FG 0 – 1
山梨学院 53 10 FG 0 – 2
山梨学院 67 10 11 PC 0 – 3
山梨学院 70 9 11 PC 0 – 4

※Actionはフィールドゴール:『FG』、ペナルティーコーナー:『PC』、ペナルティーストローク:『PS』

【 戦 評 】 試合経過
 久しぶりの秋晴れとなり日差しが照り付ける中、明治のセンターパスにより関東学生秋季ホッケーリーグ3位決定戦明治vs山梨学院の試合が始まった。前半から両者譲らぬ試合展開が続くが、試合を動かしたのは明治だった。前半21分、右サイドから明治#24太田と#4平井の巧みな連携により山梨学院サークルに侵入すると、中へプッシュパスを打ち込み反応した#20舘がレシーブしてリバースシュートを放つが惜しくもゴール枠を右側に少しずらしてしまう。対する山梨も#10山崎を中心に明治陣内へと攻め込んでいく。前半26分にサークルトップでボールを受けた#12小川が左に逃げリバースヒットを打ち、これに#10山崎が反応してタッチを狙おうと飛び込むがボールに追いつかない。そして前半31分、明治がPCを獲得するも、山梨学院DFの1番騎にシュートを阻まれてしまう。お互いシュート回数はあるものの得点がないまま後半を迎えた。
 後半開始3分、明治DFのパスの乱れに山梨学院#10山崎が反応しパスカットすると、そのままフリーで強烈なヒットシュート放つと、明治GK#25野井はあまりの速さに反応できず、山梨学院は待望の1点を上げる。そのまま山梨学院の猛攻が続く。後半17分に山梨学院は初のPCを獲得するが、これは上手くボールが収まらず失敗に終わってしまう。しかしそれだけでは山梨学院の攻撃は止まらず、明治サークル左でボールを受けた山梨学院#10山崎が巧みなドリブルで相手DFを抜いていくと、そのままヒットシュートをゴール右隅に放ち2点目をあげる。反撃に出たい明治は#10谷光と#15植村の連携で果敢に相手陣内へと攻め入るが、山梨DFの堅実なプレーによってシュートまで繋がらない。迎えた後半32分、山梨学院はPCを獲得し、#10山崎が放ったリバースシュートがゴールネットに突き刺さりハットトリックを達成する。その後すぐに山梨学院はまたもやPCを獲得し、#9小沢がリバースシュートを放つとこれもゴール右隅に入り、4点目をあげる。両者の圧倒的な技術のぶつかり合いだったが、山梨学院が押し切って関東学生秋季リーグ3位に輝いて試合が終了した。