第37回全日本大学王座決定戦に東京農業大学が決定

2018.06.12 | 大学生

平成30年6月28日(木)~ 7月1日(日)に行われる「第37回全日本大学ホッケー王座決定戦」の出場権をかけ、東海第2代表と関東第5代表のプレーオフ(男子)が行われ、東京農業大学と東海学院大学が試合を行いました。

東京農業大学が東海学院大学に7-0で勝利をおさめ、第37回全日本大学ホッケー王座決定戦に出場を決めました。

ゲーム開催データ
日付 開始時刻 天候 会場・コート ゲームNo
6月10日 12:00 慶應日吉グラウンド
審判員 審判員 ジャッジ T.O. リザーブ審判員
小林哲也 平山誠大      
記録員 記録員      
花田ともみ 森田真衣      
ゲーム公式記録
チーム名 結果 チーム名
東京農業大学 7 1 1Q 0 0 東海学院大学
2 2Q 0
2 3Q 0
2 4Q 0
No SO No
-
片山謙一 チーム代表者 石田和大
St Po No 選手名 警告   St Po No 選手名 警告
G Y R G Y R
FB 1 三原広之   GK 1 丸山修平
FB 3 丸山昇太   GK 30 中前里支
MF 4 下畝地洸聖   31 FB 2 霧下聖智
MF 5 秋山裕紀   FB 3 松浦響
56 FB 6 佐藤善恭   FB 4 早野哲平 20
MF 7 竹原諒   FB 5 松木維吹
FB 8 山田剛   MF 6 池尻藍音
6 MF 12 田中春斗   MF 7 森下諒
FB 13 細川由博   MF 8 丹羽勇輔
53 FW 14 谷口捺貴   FW 9 光谷拓真
FB 16 田村亮   FW 11 平野武
44 FW 17 小倉颯太   FW 12 鹿取周平
9 FW 18 水野吟二郎   FW 13 笹川湧太
43 MF 19 相沢悠太  
9 FB 20 浅野隼大  
MF 21 平田大成  
46 GK 22 荒谷惇之介  
MF 23 濱田康平  
FW 25 秋山蓮  
GK 30 森田洋介  
 
 
  PC数 7 シュート数 7   PC数 0 シュート数 3
【得点経過】
Team Minute Goal
No.
Assist
No.
Action Score
東京農業 13 23 PC 1 - 0
東京農業 24 20 18 FG 2 - 0
東京農業 30 7 18 PC 3 - 0
東京農業 38 13 4 FG 4 - 0
東京農業 43 18 4 FG 5 - 0
東京農業 49 23 21 FG 6 - 0
東京農業 57 19 6 FG 7 - 0

※Actionはフィールドゴール:『FG』、ペナルティーコーナー:『PC』、ペナルティーストローク:『PS』

【 戦 評 】 試合経過
厚い雨雲の下、慶應日吉グラウンドにて大学王座男子プレーオフ、東京農業大学対東海学院大学の試合が行われた。東海学院のボールスタートで開始された第1Q、先に攻め上がる東京農大は2分にPCを獲得するが、東海学院GKのセーブにより得点が阻まれる。直後カウンターとなり東海学院有利の状況が生まれるが、東京農大もこれに上手く対応し守り切る。その後互いにシュートチャンスに恵まれるが、両者一歩も引かず点数に繋がらない。しかし13分、東京農大がこのクォーター4度目のPCを獲得し、#23濱田のスイープがゴール右下に決まり先制点となる。 第2Qも流れに乗る東京農大は2度のPCを獲得。5分で東海学院にグリーンカードが出るチャンスとなる中惜しくも点にはならないが、その後9分、打ち込まれてサークルに持ち込まれたボールをファーの#20浅野がゴールに決め、点数を東京農大から2-0とする。一方東海学院は、右サイドのロングボールを多く通すが、なかなかFWまで繋げず、攻めの流れを掴めない苦しい状況が続く。前半終了間際、東京農大が再びPCを獲得。一度はGKにより弾かれるが、サークル内に残ったボールをすかさず#18水野が拾いえぐった先の#7竹原が決め切る。これにて試合前半を3-0に終える。 後半を東京農大のボールから開始し、8分になると東京農大の追加点が決まる。失点を抑えたい東海学院だが、13分にも続いて東京農大のフィールドゴールが決まり、得点差を5点とする。その後も東京農大が優勢のまま、第3Qが終了となる。 残る第4Q、攻撃を緩めない東京農大は5分に6点目、更に12分には7点目を獲得する。その後東海学院も攻め上がり、シュートまでつなげることはできないが、相手陣でのプレーが続く。しかし東京農大のDFによりサークルへの侵入を防がれ、ついに試合終了のホーンが鳴る。大学王座男子プレーオフは7得点無失点を遂げた東京農大の快勝となり、王座への出場権を獲得した。