【世界最高峰の国別対抗ホッケーリーグ】FIH・プロリーグが閉幕。男子はオーストラリア、女子はオランダが初代王者に。

2019.07.01 | 海外

先日の記事では2020年東京オリンピックの出場国がどのように決まっていくか、その流れや関連する大会について紹介した。

20190626oly1.91
東京オリンピックの出場権獲得の流れをわかりやすく解説

今回は、オリンピック最終予選に進むための大会の一つであり、先日6月30日に幕を閉じた第1回FIH・プロリーグを紹介する。

FIH・プロリーグとは

FIH・プロリーグ(以下、プロリーグ)は国際ホッケー連盟(FIH)主催の2019年からはじまった新しい国際大会。これまで開催されてきたチャンピオンズトロフィー、ワールドリーグ・セミファイナル、ワールドリーグ・ファイナルに代わる大会としてスタートした。

プロリーグは2019年以降、毎年行われる予定で下記の男女9カ国が出場国として名を連ねた。

男子の出場国

 

※1:イギリスはイングランドの世界ランキングを表記
※2:パキスタンは“inevitable circumstances”(避けられない状況)により2019年レギュラーシーズン最初の3試合に出場できないとFIHに申し出た。それを受けてFIHがパキスタンに対して出場停止処分を下したため、第1回大会は男子8カ国で開催することになった。(FIHの発表はこちら

女子の出場国

※3:イギリスはイングランドの世界ランキングを表記

出場国の決まり方

プロリーグ出場国は単純に世界ランキングで上位から順に選ばれたわけではなく、それぞれの国の下記項目なども考慮して選出された。

・放送、メディアの報道力
・財務面での持続性
・商業的ビジョン
・法的コンプライアンス
・開催予定地
・国際的な大会経験やプレゼンテーション
・組織や人材
・マーケティング戦略
・モチベーションとレガシー
・チームパフォーマンスの歴史
・大会開催の経験値

(残念ながら日本は選出されなかった)

なお、上記の出場国は最低4年間、プロリーグへの出場権が保証されている。

プロリーグの大会形式

このプロリーグの特徴はホームとアウェーで試合が行われる点だ。

今回の第1回大会レギュラーシーズンは2019年1月から6月までの半年間にわたり開催され、男女合わせて計144試合ものホーム&アウェーゲームが実施された。

このレギュラーシーズンで男女それぞれ上位4位に入った国がグランド・ファイナルに進出した。

レギュラーシーズンの結果

長距離移動が頻繁に発生するスケジュールであり、遠征に耐え得る「タフさ」も試されたレギュラーシーズン。

ホーム、アウェイにかかわらず、試合に勝利すると勝ち点3が与えられ、引き分けとなった際は試合後、シュートアウト戦が行われ、シュートアウト戦で勝ったチームに勝ち点2、負けたチームに勝ち点1が与えられるルールで実施された。

最終順位は勝ち点の合計で決まった。

(勝ち点が並んだ場合は、勝利数、得失点差、得点数、直接対決の結果、フィールドゴール数の順で、それぞれの数字が多い国が上位となるルール)

【男子】

男子の順位は以下の通りだった。

順位 試合数 勝ち点 SO勝 SO負 得点 失点 得失点
1オーストラリア143210022402614
2ベルギー14288123522923
3オランダ1423532437325
4イギリス1422612535314
5アルゼンチン142261153136-5
6ドイツ142043153038-8
7スペイン141625073345-12
8ニュージーランド144004102647-21

男子は世界ランキング1位のオーストラリアが10勝し、レギュラーシーズンを1位通過。

2018年W杯を制した“世界王者”ベルギーは世界ランキング通りの実力を見せ、2位。

上位4カ国がグランド・ファイナルに進出する大会形式ということもあり、4位に入れるかどうかの争いが白熱。

3~6位は僅差で4カ国が争ったが、2017年欧州選手権王者で2018W杯準優勝のオランダが3位に食い込んだ。

イギリスは田中健太選手と同じHGCでプレーしていたアシュリー・ジャクソン選手がリーグ終盤で代表に復帰。その効果もあったのか、ホッケーの母国の意地を見せ、4位に滑り込んだ。

この投稿をInstagramで見る

Ashley Jackson Officialさん(@ashley_jackson7)がシェアした投稿 -

▲アシュリー・ジャクソン選手

リオ五輪金メダルのアルゼンチンは5位となり、グランド・ファイナル進出ならず。

北京、ロンドンと金メダルを獲得し、リオ五輪では銅メダルを獲得したドイツは6位に終わり、スペイン、ニュージーランドと続いた。

【女子】

女子レギュラーシーズンの順位は以下の通りとなった。

順位 試合数 勝ち点 SO勝 SO負 得点 失点 得失点
1オランダ164515001411031
2アルゼンチン163810402311516
3オーストラリア16309115352312
4ドイツ16299025342410
5ベルギー162161182127-6
6ニュージーランド1618600102932-3
7中国1614402102740-13
8イギリス1614321102237-15
9アメリカ167112121547-32

世界ランキング1位のオランダが16試合で15勝1敗という圧倒的な強さを見せ、1位でホーム開催のグランド・ファイナル進出を決めた。

リオ五輪で男子アルゼンチン代表を金メダルに導いたカルロス・レテグィ監督が率いるアルゼンチンが2位。

この投稿をInstagramで見る

Int Hockey Federationさん(@fihockey)がシェアした投稿 -

▲カルロス・レテグィ監督

シドニー五輪以降、五輪でメダル獲得がないオーストラリアが3位に入り、リオ五輪銅メダルのドイツが4位でグランド・ファイナル進出。

ここ数年で世界ランキングを着実にあげているベルギーが5位。

反対にランキングを落としているニュージーランド、中国は6,7位で、リオ五輪で金メダル獲得のイギリスは8位に終わった。

北米で唯一出場したアメリカは1勝3分けで最下位だった。

この投稿をInstagramで見る

Int Hockey Federationさん(@fihockey)がシェアした投稿 -

▲ニュージーランドのオリビア選手がレギュラーシーズンの得点王(15ゴール)に輝いた。

グランド・ファイナルの結果

レギュラーシーズンの結果で紹介した通り、グランド・ファイナルには男女それぞれ下記の4ヵ国が進出した。

【男子】グランド・ファイナル出場国

1位 オーストラリア
2位 ベルギー
3位 オランダ
4位 イギリス

【女子】グランド・ファイナル出場国

1位 オランダ
2位 アルゼンチン
3位 オーストラリア
4位 ドイツ

グランド・ファイナルは6月27日~30日まで、オランダ・アムステルフェーンのWagener Hockey Stadiumで開催された。

女子・準決勝

27日の女子準決勝第1試合はアルゼンチンとオーストラリアが対戦。1-1の引き分けに終わり、その後のシュートアウト戦でオーストラリアが勝利して、決勝進出を決めた。

準決勝第2試合ではオランダとドイツが対戦。ドイツが先制し、第4Qまでリードしていたが、ラスト8分間で2ゴールを決めたホーム・オランダが逆転勝利した。

男子・準決勝

28日の男子準決勝第1試合、オーストラリア対イギリスはイギリスが先制するものの、その後オーストラリアがゴールラッシュ。6-1の大差でオーストラリアが勝利した。

準決勝第2試合、ベルギー対オランダは両チームともに負傷退場者(ベルギー主将のブリエルズ選手、オランダのクルーン選手)が出るほどの激しい一戦となったが、アウェーのベルギーが3-1でオランダを下し、決勝進出を決めた。

女子・3位決定戦

29日に行われた女子3位決定戦はドイツ対アルゼンチンのカード。接戦の末、1-1の引き分け。その後のシュートアウト戦は3-1でドイツが勝利し、銅メダルを獲得した。アルゼンチンは準決勝から2試合連続でシュートアウト戦に敗れ、4位となった。

この投稿をInstagramで見る

Anne Schröderさん(@anne.schroeder)がシェアした投稿 -

▲銅メダルを獲得したドイツ

女子・決勝

続く女子決勝戦も力の拮抗した試合となり、2-2の引き分け。試合終了2分前に追いついたオーストラリアの粘りは見事だったがシュートアウト戦は4-3でオランダが勝利。ホームの声援を受けて躍動したオランダが初代女王に輝いた。

この投稿をInstagramで見る

Int Hockey Federationさん(@fihockey)がシェアした投稿 -

男子・3位決定戦

30日の男子3位決定戦はイギリス対オランダ。両チーム合わせて8ゴールが生まれた乱打戦を制したのはオランダ。3-5でイギリスを下し、銅メダルを獲得した。

この投稿をInstagramで見る

Athletes United NLさん(@athletesunitednl)がシェアした投稿 -

▲銅メダルを獲得したオランダ

男子・決勝

男子決勝戦はオーストラリア対ベルギー。試合開始直後から、早送りしているかのように感じてしまうほどのハイスピードな試合展開。フィジカルに勝るオーストラリアが前半だけで3ゴールを奪い、試合を優位に進める。対するベルギーも世界王者の意地を見せ、後半に2点を追い上げたがあと一歩が足りず。結果3-2でオーストラリアが逃げ切り、プロリーグ初代王者の称号を手にした。

この投稿をInstagramで見る

Int Hockey Federationさん(@fihockey)がシェアした投稿 -

今後の展望

下記の画像の通り、今大会でベスト4に入った男子のオーストラリア、ベルギー、オランダ、イギリス、女子のオランダ、オーストラリア、ドイツ、アルゼンチンは2019年10~11月に開催されるオリンピック最終予選への出場権を手に入れた。

20190701_m 20190701_w

ただ、これらの国々は9月までに各大陸で開催される大陸大会の優勝候補国でもあり、もし大陸王者になればその時点でオリンピックチケットを手にするため、その場合は最終予選には出場しない。

余った枠は五輪出場権を得ていない世界ランキング上位国に回ってくることになる。(9月時点でのランキング)

どのチームが大陸王者となるか。またその後はどのチームが最終予選に回り、どのような組み合わせになるか。

日本はすでに開催国枠を手に入れているが、五輪本番で当たる対戦国の情報を得るためにも目が離せない戦いが続く。

(文・藤本一平)