21日開幕 冬の高校日本一を掴むのは/高校選抜

2019.12.13 17:18

第51回全国高等学校選抜ホッケー大会が12月21日(土)に開幕する。
大会は岐阜県の川崎重工ホッケースタジアムと岐阜総合学園高等学校ホッケー場で行われ、全国の予選ブロックを勝ち抜いた男女それぞれ24校がトーナメント形式で争う。
決勝戦は12月25日(水)。

【男子】連覇を狙う今市

昨年度、横田高等学校(島根県)とのシュートアウト戦を制し、33年ぶりに高校選抜優勝を飾った今市高等学校 (栃木県) 。主将の川村裕亮はU18日本代表の主将も務めている。
今市に立ちはだかるのは今年インターハイで5年ぶりに優勝を勝ち取った丹生高等学校(福井県)か。

インターハイではシュートアウト戦で丹生に敗れた天理高等学校(奈良県)や前回大会準優勝の(島根県)横田高等学校のプレーにも注目したい。

【女子】インターハイ&高校選抜制覇を目指す石動

今年、インターハイ3連覇を達成した石動高等学校(富山県)。4年ぶり高校選抜優勝を目指す。

高校選抜連覇を狙うのは丹生高等学校(福井県)。
今年6月、石動に敗れインターハイ出場を逃した丹生。高校選抜でリベンジを誓う。

昨年度の高校選抜、今年度のインターハイどちらも決勝戦のシュートアウト戦で敗北し、優勝を逃した岐阜各務高等学校(岐阜県) 。地元開催の地の利を生かし、悲願の優勝を勝ち取れるか。

■大会ページはこちら