五輪×ホッケーを探してみよう

2020.02.05 10:48 | エンタメ

2020年東京オリンピックホッケー競技の開幕は7月25日。
いよいよ残り170日となりました。(2月5日時点)

オリンピックムード高まる東京では、街中でオリンピック競技の映像や写真を目にすることが多くなってきました。
今回は東京の街中で見られる「五輪×ホッケー」を紹介。

新宿駅構内にホッケーをプレーするミライトワ

乗降客数世界ナンバー1といわれる新宿駅。
新宿西口の地下通路には東京五輪競技をプレーするマスコットのミライトワの姿があり、もちろんホッケーもあります。
写真右下がホッケーです。

子供の目線にピッタリ 写真/中村雄紀夫
ボールのスピード感がわかります 写真/中村雄紀夫

茂本ヒデキチ氏による墨絵ホッケー

空の玄関ともいえる羽田空港には東京2020ゴールドパートナーの株式会社みずほフィナンシャルグループによるオリンピック競技の看板が掲出されています。

イラストは墨絵イラストレーターの茂本ヒデキチ氏。
和の雰囲気と躍動感が表現されていています。
引用元:https://www.mizuho-fg.co.jp/jumpto2020/activities/report6.html

国内線第1ターミナルと第2ターミナルでデザインが異なります。

第1ターミナル
第2ターミナル

「驚異的な体力」と紹介

東京メトロとJR東日本が共同で配信している「TOKYO SPORTS STATION」。
電車内で流れる動画広告でホッケー競技の紹介映像が流れています。
気がつくと眺めている電車広告。ホッケーの見どころが簡潔に分かりますね。

このほかにも「五輪×ホッケー」をご存知の方がいたら、是非下記のメール宛にご連絡ください。
メール:[email protected]