第2回 比較してみた。世界最多キャップ保持者は誰?/サッカー、ラグビー、ホッケーのキャップ数

2020.03.14 22:20 | エンタメ

この記事は全4回のコラム「サッカー、ラグビー、ホッケーのキャップ数」の第2回の記事です。

第1回:ホッケー界のメッシを越えた男
第2回:比較してみた。世界最多キャップ保持者は誰?
第3回:日本人トップは誰?歴代最多キャップ数
第4回:キャップ数の調べ方

世界最多は?

前回の記事では「キャップ数」がサッカーやラグビー、ホッケーにおける国際試合出場数を表すこと、また、男子ホッケーオーストラリア代表主将のエディー・オッケンデン選手が同国の最多キャップ数を更新したことを取り上げました。

第2回はサッカーやラグビー、ホッケーの世界最多キャップ数の比較について、取り上げたいと思います。

男子

さっそく男子の各競技の世界歴代最多キャップ数をご紹介!(マイホッケー調べ)

結果は下記の通りでした。各選手のプロフィールも紹介していきます。

競技Cap数選手名
ホッケー453テウン・デ・ノイヤー(Teun de Nooijer)
サッカー184アフマド・ハサン(Ahmed Hassan)
ラグビー148リッチー・マコウ(Richie McCaw)

▼男子ホッケー

テウン・デ・ノイヤー(元オランダ代表)
453キャップ

生年月日:1976年3月22日(43歳)
出身地:オランダ エグモント・アーン・デン・フフ
身長:183cm

View this post on Instagram

The Dutch Legend🙌🏼

A post shared by #Fieldhockeydream©️ (@fieldhockeydream) on

オリンピックに5度出場し、2つの金メダル(1996年アトランタ、2000年シドニー)と2つの銀メダル(2004年アテネ、2012年ロンドン)を獲得。

FIH(国際ホッケー連盟)が発表する年間最優秀選手賞(FIH player of the year)に2003年、2005年、2006年の3度選出されたオランダの英雄で、「ホッケー界のクライフ」の異名を持つ。現在は女子ドイツ代表のアシスタントコーチ。

Embed from Getty Images

▼左からノイヤー、ジェイミー・ドワイヤー(元豪代表・366キャップ)、トビアス・ハウケ(独代表・310キャップ)という豪華なスリーショット

▼男子サッカー

アフマド・ハサン(元エジプト代表)
184キャップ

生年月日:1975年5月2日(44歳)
出身地:エジプト マガガ
身長:177cm

攻撃ミッドフィールダーとしてアフリカカップに8度出場し、1998年、2006年、2008年、2010年に優勝。2006年のトーナメントでは、キャプテンに指名され、6試合で4ゴールを記録したエジプトの英雄。

▼男子ラグビー

リッチー・マコウ(元ニュージーランド代表)
148キャップ

生年月日:1980年12月31日(39歳)
出身地:ニュージーランド オマルー
身長:187cm

ポジションはフランカー。2011年、2015年のワールドカップ2連覇を達成し、ワールドラグビー年間最優秀選手賞を3回受賞した「オールブラックス史上最高のキャプテン」。引退後はヘリコプターを乗りこなし、観光案内や人員救助に尽力している。

妻は17歳の時から同国女子ホッケー代表選手として北京、ロンドン、リオと五輪に3大会連続出場し、現在も代表選手として活動するジェマ・フリン(254キャップ)。

▼妻ジェマ・フリン(左)と娘のシャーロット

▼2015年のラグビーワールドカップ優勝

▼2019年10月には日本を訪れていたようです

女子

続いて女子の世界歴代記録を見てみましょう。残念ながら女子ラグビーの数字は把握できなかったため、ホッケーとサッカーのみの紹介です。

競技Cap数選手名
ホッケー396ナターシャ・ケラー(Natascha Keller)
サッカー354クリスティン・リリー(Kristine Lilly)

▼女子ホッケー

ナターシャ・ケラー(元ドイツ代表)
396キャップ

生年月日:1977年7月3日(42歳)
出身地:ドイツ ベルリン
身長:170cm

出典:https://eurohockey.org/natascha-keller-2013/  上記画像には425とあるがインドアホッケーのキャップ数も含まれており、アウトドアだけに絞ると396キャップ(FIHのTMSより)

ポジションはフォワード。オリンピックに5度出場(アトランタ、シドニー、アテネ、北京、ロンドン)し、2004年のアテネで金メダルを獲得。

1999年にはFIH年間最優秀選手賞(FIH player of the year)に選出された。

Embed from Getty Images

▼ロンドン五輪ではドイツ選手団の旗手を務めた

Embed from Getty Images

▼女子サッカー

クリスティン・リリー(元アメリカ代表)
354キャップ

生年月日:1971年7月22日(48歳)
出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク
身長:163cm

ポジションはフォワード。1991年中国、1995年スウェーデン、1999年・2003年アメリカ、2007年中国とワールドカップに5度出場し、オリンピックに3度(アトランタ、シドニー、アテネ)出場した。

ホッケーのキャップ数の多さ

それぞれのランキングをご覧いただいていかがだったでしょうか。

リッチー・マコウ氏の奥様がホッケー選手、というの意外に思われた方も多いのではないでしょうか!

男女ともホッケー選手のキャップ数の多さが際立っていますね(マコウ夫妻も奥様の方がキャップ数が多いです)。

ホッケーは選手交代が自由にできるルールのため、ベンチ入りした選手のほとんどが試合に出場します。また、サッカーやラグビーの大会日程に比べると連日で試合が開催されることもよくあり、その結果キャップ数が多くなるようです。

特にヨーロッパ大陸は陸続きの国が多くあるので、日本のような島国に比べるとテストマッチが実施しやすく、キャップ数が積みやすい環境と言えるかもしれません。

次回は気になる日本人最多キャップ数の比較です!お楽しみに!

(文・藤本一平/日本代表キャップ数59)

※記事中のキャップ数はすべて2020年3月の記事公開時点のものです