【最新版】女子ホッケー世界ランキング・オランダ1位 日本代表さくらジャパンは14位

2021.08.11 19:19 | 日本代表

 東京2020オリンピックを終え、国際ホッケー連盟(FIH)による女子世界ランキングは、金メダルを獲得したオランダが2位以下に圧倒的な差をつけ首位をキープしている。
 銀メダルのアルゼンチンは順位をひとつ落として3位となった。銅メダルを獲得したイギリスのポイントが加算されたことにより、イングランドは3ランク上がって2位となった。
 日本代表さくらジャパンは13位から14位にランキングを落とした。

トップ20

更新日:2021年8月11日
※変動は6月30日との比較

順位 変動 大陸 ポイント
1オランダEUR2915.356
23イングランドEUR2275.787
3-1アルゼンチンPAN2261.282
4オーストラリアOCE2234.048
5-2ドイツEUR2165.283
61スペインEUR1859.628
7-1ニュージーランドOCE1721.113
82インドASI1710.321
9-1ベルギーEUR1700.754
101中国ASI1651.456
111韓国ASI1580
12-3アイルランドEUR1499.346
131カナダPAN1363
14-1日本ASI1231.902
15アメリカPAN1198.385
16南アフリカAFR1040.779
17イタリアEUR979.509
18チリPAN966.102
19ロシアPAN946
20スコットランドEUR940.291

ASI:アジア
AFR:アフリカ
EUR:ヨーロッパ
OCE:オセアニア
PAN:パン・アメリカン(北南米)

ポイントシステム

 2020年1年から世界ランキングのポイントシステムが刷新され、「主観的ではなく、大陸ごとの重み付けを無くしたフェアなシステム」、「公式試合ごとに世界ランキングポイントの変動をすぐに把握することができる」、「現状のパフォーマンスを正確に反映する」ものとなった。

 ラグビーなど他のスポーツのランキングシステムでも使用されている「イロ・レーティングシステム」(Elo rating system)という理論をベースに作成されている。

 関連記事