ホッケー男子・サムライジャパン新ヘッドコーチに⽳井善博氏が就任「3つの信念で世界と戦う」

2024.03.22 13:00 | 日本代表

 公益社団法人日本ホッケー協会は21日、「サムライジャパン」(ホッケー男子日本代表チーム)のヘッドコーチ(HC)として、⽳井 善博氏を起用することを発表した。

 以下、日本ホッケー協会プレスリリースより抜粋。

 「穴井 善博新HCは、男子日本代表選手として活躍し、現在、天理大学ホッケー男子部の監督を務めている。これまで監督として、全日本ホッケー選手権大会優勝2回、国内最高峰リーグである高円宮牌ホッケー日本リーグ優勝2回、全日本学生選手権大会(インカレ)優勝2回など、数々の全国大会でチームを優勝に導く手腕を発揮してきました。また、東京2020オリンピックでは日本代表スタッフとしてチームを支えました」

 今後、穴井新HCの指導のもと、サムライジャパンは2028年ロサンゼルスオリンピックに向けて強化・育成を進めていく。

【⽳井 善博氏の略歴等】
氏名: ⽳井 善博(あない よしひろ)
生年月日:1987年11月27日
国籍:日本
主な指導歴:
 2015年 4月~
 天理⼤学ホッケー男⼦部(監督)
 全⽇本ホッケー選⼿権⼤会 優勝2回
 ⾼円宮牌ホッケー⽇本リーグ 優勝2回
 全⽇本学⽣ホッケー選⼿権⼤会 優勝2回
 2016年4月~2017年3月
 男子日本代表チーム(コーチ)
 第4回アジアチャンピオンズトロフィー6位
 2018年4月~2021年9月
 男子日本代表チーム(コーチ)
 第18回アジア競技⼤会 優勝
 第5回アジアチャンピオンズトロフィー 4位
 東京2020オリンピック 11位

【⽳井 善博氏のコメント
 「私は、チームを率いるうえで、選手に対して3つの信念をもって取り組むことを求めます。「一生懸命になれること」「勝つためにプレーできること」「絶対に諦めないこと」その信念のもとに、選手と共に技術・戦術を共有しながら、世界と戦える力を養い、オリンピック出場を目指します。
  サムライジャパンヘッドコーチとしての責任と重圧は感じますが、私自身がこれまで培ってきたこと、諸先輩方から受け継いできた想いを大切にし、情熱と覚悟を持って全力で職務を全うさせて頂きます。」