大会情報・結果MATCH

試合結果速報

大会名 2013関東秋季リーグ 対戦カード 武蔵大学 対 立教大学
区分 男子2部 ステージ リーグ
プール B 試合番号 -
開催日 2013年09月08日(日) 15:15 会場 日野
武蔵大学 4 1 前半 0 0 立教大学
3 後半 0

ゲーム公式記録

ゲーム開催データ
日付 開始時刻 天候 会場・コート ゲームNo
9月8日 15:15 日野グランド 6
審判員 審判員 ジャッジ T.O. リザーブ審判員
大熊 穂高 駒田 文雄      
記録員 記録員      
西川 道康 藤村 侑佑      
ゲーム公式記録
チーム名 結果 チーム名
武蔵大学 4 1 前半 0 0 立教大学
3 後半 0
延長
前半
後半
No - - - - - - - - - - SO No - - - - - - - - - -
-  
大倉 良太 チーム代表者 石村 隆史
St Po No 選手名 警告   St Po No 選手名 警告
G Y R G Y R
GK 1 蓮見 健太   GK 1 安島 匠
FB 2 岡安 勇人   FB 2 金子 智大
FB 3 飯田 大樹   17 FW 3 小原 将大
FB 4 吉野 考哉   53 FW 4 中村 裕紀
FB 5 岡本 精一   FW 5 稲垣 翔太郎
MF 6 八木 一平   MF 増田 英典
FW 9 紺谷 悠太   FB 7 赤澤 侑太
MF 野村 太一   MF 8 萩野 雄資
44 FB 11 黒澤 州   64 FW 9 藤田 直生
14 FB 12 大澤 康平   FW 10 青柳 圭介
FB 13 建石 洵志   FW 13 鈴木 達也
FW 14 海和 恵吾   FB 15 小鹿 成軌 18
FW 15 金田 昇馬   16 FW 18 武部 行人
FW 16 小林 哲也   FW 19 長澤 甫宥
27 FB 17 吉田 凌真   FW 20 菅井 翔太
FB 18 日野 勇   GK 21 高岡 勇佑
FB 20 住田 悠紀   FB 22 清水 卓也
13 FW 21 斉藤 貴紀  
GK 23 平田 天馬  
29 FW 24 中田 健太  
64 FW 27 丹葉 広和  
56 FW 34 樋口 龍乃介  
  PC数 8 シュート数 13   PC数 3 シュート数 6
【得点経過】
Team Minute Goal
No.
Assist
No.
Action Score Team Minute Goal
No.
Assist
No.
Action Score Team Minute Goal
No.
Assist
No.
Action Score
武蔵 31 10 PC 1 – 0
武蔵 39 3 PS 2 – 0
武蔵 44 3 9 PC 3 – 0
武蔵 55 16 10 FG 4 – 0

※Actionはフィールドゴール:『FG』、ペナルティーコーナー:『PC』、ペナルティーストローク:『PS』、オウンゴール:『OG』

【 戦 評 】 試合経過
 曇り空で時々雨が降り注ぐ日野グラウンドで、武蔵大学のセンターパスによって試合が開始された。両チームとも序盤は様子を見ながら攻勢を伺う展開で、武蔵は中盤を中心にゲームを組み立て、#9紺谷を起点とした中央突破とサイド攻撃を織り交ぜながらゴールを狙う。対する立教は、打ち込みから#20菅井へボールを供給することを主とした攻撃を展開する。
 前半12分、立教#20菅井がキレのあるドリブルを仕掛けてサークル外からPCを獲得するも、武蔵守備陣に防がれ得点することができない。武蔵も前半の中盤に差し掛かるにつれて、サークル付近にボールを運ぶ回数が増えてくるが、決定機がなかなか作れず得点には至らない。試合が動いたのは前半31分、武蔵がPCを獲得すると#10野村がリバウンドボールに上手く反応し先制に成功する。得点し勢いづいた武蔵は33分にも武蔵#9紺谷が持ち前のスピードを生かしたドリブルでサークル外からPCを獲得するが、これは得点には及ばなかった。そして、武蔵の1点リードで前半が終了する。
 後半は立ち上がりから激しい展開となる。同点に追いつきたい立教だったが、後半4分に武蔵がPSを獲得すると、武蔵#3飯田がこれを確実に決めリードを2点に広げる。追いすがる立教も黙ってはいられず、後半5分にPCを獲得するも、惜しくもシュートは枠を外れる。しかし後半9分武蔵はPCのチャンスで#3飯田が#9紺谷とのワンツーから押し込み3点目を奪う。3点を奪われた立教はカウンター主体で応戦し、後半14分立教#8萩野がドリブルからそのままシュートにいくもゴールを割ることが出来ない。逆に武蔵も前がかりになった立教の隙を突き、後半15分PCで、コースを捉えたシュートは立教GK#1安島の好セーブで追加点を許さない。しかし、後半20分武蔵#16小林が果敢にサークルに入りリバースヒットでチーム4点目となるゴールを決める。その後も両チームとも激しい攻防を繰り広げるものの、スコアは動かないまま試合終了のホーンが鳴り響き、4-0で武蔵大学が勝利を収めた。