大会情報・結果MATCH

試合結果速報

大会名 2016関東学生春季リーグ 対戦カード 駿河台大学 対 山梨学院大学
区分 女子1部 ステージ 1-2位決定戦
プール - 試合番号 -
開催日 2016年05月29日(日) 14:45 会場 慶應日吉
駿河台大学 0 0 前半 0 1 山梨学院大学
0 後半 1

ゲーム公式記録

ゲーム開催データ
日付 開始時刻 天候 会場・コート ゲームNo
5月29日 14:45~ 晴れ 慶應日吉 W35
審判員 審判員 ジャッジ T.O. リザーブ審判員
野澤達 成田健一      
記録員 記録員      
久原麻祐香 西本明日美      
ゲーム公式記録
チーム名 結果 チーム名
駿河台大学 0 0 前半 0 1 山梨学院大学
0 後半 1
No SO No
-
久我晃広 チーム代表者 ジョンシアン
St Po No 選手名 警告   St Po No 選手名 警告
G Y R G Y R
GK 1 長岡真友子   MF 1 狩野真美
FB 2 可児史奈   FB 2 中村莉緒
FB 4 小川里佳   17 MF 4 中込汐莉
MF 5 米山千春   FW 5 西村文伽
FW 6 山本麻美子   31 MF 6 藤林千子
FW 7 下向璃恵   FB 7 大野育奈
MF 8 笹川春香   FW 8 岩館聖菜
FW 9 山崎真由   9 FW 11 井澤美空
FW 10 松本ひかる   FW 12 今尾明穂
MF 11 野澤美咲   FB 14 白石莉奈子
GK 12 鈴木歩美佳   MF 15 石橋唯今
FB 13 石井望仁   GK 16 瀬上芽里
5 FW 14 目良春乃   FW 19 小原明香里
FB 15 近野夏葵   54 FB 21 小林葉月
65 MF 16 山田宰代   FB 22 小宮晴菜
FW 18 宮本愛永   16 MF 23 尾本桜子
55 MF 20 山口真愛耶   FB 24 伊藤由貴
MF 21 鰐川依里   GK 27 田中秋桜
FB 22 水見真彩   10 MF 31 川口花菜
16 MF 25 砂金真純   FW 33 田中花歩
  MF 34 的場斐那
  FB 35 中村詩織
  PC数 3 シュート数 5   PC数 5 シュート数 14
【得点経過】
Team Minute Goal
No.
Assist
No.
Action Score
山梨学院 37 12 7 FG 0 - 1

※Actionはフィールドゴール:『FG』、ペナルティーコーナー:『PC』、ペナルティーストローク:『PS』

【 戦 評 】 試合経過
 抜けるような青空の下、関東学生春季リーグ女子一部決勝戦が行われた。山梨学院ボールで開始した今試合、初めにチャンスを演出したのは山梨学院。前半10分、山梨学院がサークルインし果敢に攻めるも、駿河台が堅い守りを見せる。一方、駿河台も負けていない。前半11分に駿河台#10松本が一人で攻め上がりチャンスを演出する。前半13分、山梨学院#12今尾が一人で攻め上がりレバシュートを放つも得点まで繋がらない。前半18分、山梨学院がPCを獲得し好機を得る。ヒットシュートを打つも駿河台一番騎が止めゴールを割らせない。前半21分、山梨学院がPCの有無を巡ってチャレンジ権を行使するも惜しくも失敗に終わる。前半28分、今度は駿河台が打ち込みからPCを獲得する。山梨学院の一番騎にかかり得点ならず。前半32分、山梨学院#1狩野がドリブルからPCを獲得する。しかし、駿河台#1長岡のナイスセーブにより得点は阻まれた。両チーム一進一退の攻防が続くが、互いに譲らず0-0で前半を折り返す。
 後半早々、試合が大きく動いた。後半2分、山梨学院#7大野が右サイドからサークル内に打ち込んだヒットに山梨学院#12今尾が華麗にタッチシュートを合わせ、山梨学院が待望の先制点をあげる。後半3分、反撃に出る駿河台がPCを獲得する。リバウンドに駿河台が詰めにいくもゴールを割ることは出来ない。後半13分、駿河台#10松本がキーパーと一対一の好機を演出するも止められてしまう。後半14分、17分には駿河台が、後半15分には山梨学院がそれぞれPCを獲得するも両チーム決められず、依然スコアは変わらない。後半20分を過ぎから徐々に山梨学院が主導権を握り始める。後半25分、27分に山梨学院がそれぞれレバシュート、ヒットシュートを放つも、駿河台#1長岡が好セーブを連発し得点を許さない。また、後半26分には山梨学院が怒濤にゴールを狙うも、駿河台の粘り強い守備陣がゴールを守りきる。後半33分、山梨学院がPCを獲得するも、放たれたボールは惜しくも枠外。両チーム共にハイレベルな試合展開をみせるも、後半互いにゴールを割らせず、試合終了のホーンが鳴った。駿河台対山梨学院の試合は0-1で幕を閉じ、優勝が山梨学院に、準優勝が駿河台に決まった。