山梨学院大学男子、明治大学に2-1で勝利し準々決勝へ/大学王座

2018.06.29 | 大学生

第37回全日本大学ホッケー王座決定戦が6月28日(木)に開幕。

14:00から親里ホッケー場で男子1回戦が行われ、山梨学院大学(関東第2代表)と明治大学(関東第3代表)が対戦した。
2-1で山梨学院大学が勝利し、準々決勝戦へとコマを進めた。(1-0/1-0/0-0/0-1)

第1Q、13分に山梨学院大学がPCを獲得し、18番FW西川巧望が得点を決める。
明治大学も粘り強く守備をするが、第2Q23分に24番FW岩崎和也がFGで追加点を決め、前半2-0で折り返す。
後半は明治大学の流れになるも、山梨学院大学1番GK高野雄介を中心にゴールを守る。
明治大学が猛攻を仕掛け、55分に22番FW久保庭昌太郎が待望の得点を挙げるもそのまま2-1で山梨学院大学が勝利をつかんだ。
山梨学院大学にイエローカードが2枚、明治大学にイエローカードが1枚が出される激しい試合となった。

競り合う山梨学院大学と明治大学

競り合う山梨学院大学と明治大学

1回戦で勝利をつかんだ山梨学院大学は準々決勝戦でシード権を持つ天理大学と戦う。

ゲーム公式記録

【その他の写真】