ベスト4決まる、明日準決勝戦/大学王座

2018.06.29 | 大学生

第37回全日本大学王座決定戦は6月29日(金)、準々決勝が終了しベスト4が出揃った。

女子はシード権で1回戦免除の強豪校(東海学院大学、山梨学院大学、天理大学、立命館大学)が無失点でしっかりと結果を残し、準決勝へ進む。
男子はシード権を持つ法政大学を聖泉大学がSO戦で破り、聖泉大学は2009年の創部以来初めてベスト4に入った。

準々決勝に出場した男女合わせて16校のうち、関東代表校は山梨学院大学(女子)、駿河台大学(女子)、早稲田大学(男子)、山梨学院大学(男子)、法政大学(男子)、東京農業大学(男子)の6校だったが、試合の結果、準決勝に勝ち進んだのは山梨学院大学(女子)のみとなった。

【準々決勝試合結果】

女子 東海学院大学 2-0 中京大学
女子 山梨学院大学 5-0 聖泉大学
女子 天理大学 3-0 駿河台大学
女子 立命館大学 5-0 関西学院大学
男子 立命館大学 6-0 早稲田大学
男子 天理大学 4-1 山梨学院大学
男子 聖泉大学 3-3(SO 3-0) 法政大学
男子 福井工業大学 3-0 東京農業大学

明日行われる準決勝戦は男女ともに立命館大学OICフィールドで行われる。

【準決勝対戦カード】

女子 09:30~ 山梨学院大学(昨年3位) VS 立命館大学(昨年準優勝)
女子 11:00~ 天理大学(昨年優勝) VS 東海学院大学(昨年4位)

男子 14:00~ 立命館大学(昨年優勝) VS 福井工業大学(昨年4位)
男子 15:30~ 聖泉大学(昨年ベスト8) VS 天理大学(昨年準優勝)

準決勝戦に勝ったチームは7月1日(日)の決勝戦へと進出する。

本日行われた準々決勝の試合の詳細は大会ページをご覧ください。