さくらジャパン13位に終わる/ワールドカップ

2018.08.08 | 日本代表

ホッケーワールドカップ(ロンドン)は8月5日(日)、決勝戦が行われ、オランダがアイルランドに6-0で勝利して3大会連続優勝を飾った。

参加16ヶ国の順位が決定し、女子日本代表「さくらジャパン」は13位に終わった。

20180808sakura
出典元:http://www.fih.ch/events/world-cup/world-cup-2018/hockey-world-cup-london-2018-w/

最終順位

優勝 Netherlands オランダ(世界ランク1位)
準優勝 Japan アイルランド(16位)
3位 Spain スペイン(11位)
4位 Ausutralia オーストラリア(5位)
5位 Germany ドイツ(6位)
6位 England イングランド(2位)
7位 Argentina アルゼンチン(3位)
8位 India インド(10位)
9位 Italy イタリア(17位)
10位 Belgium ベルギー(13位)
11位 Newzealand ニュージーランド(4位)
12位 Korea 韓国(9位)
13位 Japan 日本(12位)
14位 America アメリカ(7位)
15位 SouthAfrica 南アフリカ(14位)
16位 China 中国(8位)

※世界ランクは大会開催時の世界ランク。

13位~16位の決め方

【決定方法】
グループステージで敗退した4チームの中で、(1)~(6)の順番で最終順位を決定する。
(1)勝ち点(2)勝った試合数(3)得失点差(4)得点数(5)FGの数(6)同順位

日本はグループステージで敗退した4ヶ国の中で唯一勝ち点が3だったため、13位となった。

勝点 勝った試合数 得失点
13位 Japan 3 1 -3
14位 America 2 0 -2
15位 SouthAfrica 1 0 -8
16位 China 1 0 -9

9位~12位の決め方

決勝トーナメントに進出した12チームの中で、1回戦で敗退した4チームで9位~12位の順位を決め、準々決勝戦で敗退した4チームで5位~8位の順位を決める。

まず、プール戦の上位ランクで順位が決定され、その後の決定方法は13位~16位の決定方法と同じ。
(1)~(5)でも決まらなかった場合、プール戦の結果だけでなく、決勝トーナメントでの(1)~(5)も加算され、順位が決定する。

得点数では日本は6位

優勝を飾ったオランダは得点数でも群を抜いている。

日本は決勝トーナメントに進出できず、試合数が少ないにも関わらず、得点数では上位に入った。

FG PC PS 得点数
Netherlands オランダ 27 8 0 35
Spain スペイン 9 6 0 15
Argentina アルゼンチン 6 3 2 11
Germany ドイツ 6 2 1 9
Belgium ベルギー 6 2 0 8
Japan 日本 3 4 0 7
Ausutralia オーストラリア 3 3 0 6
Newzealand ニュージーランド 2 2 2 6
England イングランド 3 2 0 5
India インド 2 3 0 5
Japan アイルランド 2 3 0 5
Italy イタリア 3 2 0 5
SouthAfrica 南アフリカ 1 2 0 3
America アメリカ 2 1 0 3
China 中国 2 0 0 2
Korea 韓国 1 0 0 1

最優秀GKは大活躍を見せたアイルランド

今回ワールドカップに出場した16ヶ国の中で、アイルランド(世界ランク16位)は下から2番目に世界ランクが低かったが、みごと準優勝を勝ち取った。
得点数は多くないものの、固い守備でアイルランドを勝利に導き、最優秀キーパー賞には Ayeisha McFERRAN 選手が選ばれた。

最優秀選手賞 Lidewij Welten(28) Netherlands
最優秀GK賞 Ayeisha Mcferran(22) Ireland
得点王 Kitty van Male(30) Netherlands
最優秀新人賞 Lucina von der Heyde(21) Argentina

次なる戦いはアジア大会

女子日本代表「さくらジャパン」はインドネシアのジャカルタで行われるアジア大会に出場する。
試合は8月19日(日)16時(日本)より行われ、初戦対戦国は中華台北。
2020年東京オリンピックに向け、大事な大会だ。