全日本学生選手権(インカレ)出場2校が決定/全日本大学ホッケー大会

2018.09.09 | 大学生

9月8日(土)、全日本学生選手権(インカレ)の出場校を決める全日本大学ホッケー大会準決勝戦が行われた。
出場枠3校のうち、2校が決定。明日の3位決定戦で最後の1枠を争う。

男子、学習院大学が大雨のSO戦を制しインカレ出場決定

男子準決勝戦は東海学院大学vs同志社大学と学習院大学vs武蔵大学の2試合が行われた。
勝てばインカレ出場が決定する大一番だ。

東海学院大学と同志社大学の試合は6−1で東海学院大学が勝利。
東海学院大学6番の池尻藍音選手はハットトリックを決める活躍を見せた。

学習院大学と武蔵大学の試合は大雨の中、非常に白熱した戦いになった。

両チーム一歩も譲らず、試合はSO戦へ。
学習院大学が勝利し、インカレ出場を決めた。2−2(0-0/0-0/1-1/1-1)

準決勝戦で勝利した東海学院大学と学習院大学は決勝戦へ進む。
敗北した同志社大学と武蔵大学は全日本選手権出場の1枠を巡り、3位決定戦に挑む。

女子、SO戦に敗れた学習院大学「明日は必ず勝ってインカレ出場を決めます」

女子準決勝戦は同志社大学vs京都大学と、慶應義塾大学vs学習院大学の2試合。

同志社大学と京都大学の試合は4−0で同志社大学が勝利し、インカレ出場を決めた。
4−0(1−0/0−0/2−0/1−0)

慶応義塾大学と学習院大学は60分間の試合では0−0と決着がつかず、SO戦に。
1回戦ではSO戦で勝利し、準決勝戦へ進んだ学習院大学だったが、準決勝戦では慶應義塾大学に破れた。

学習院大学は準決勝戦後、チームのTwitterに「明日こそは必ず勝ってインカレ出場を決めます!」と雪辱を誓った。

女子準決勝戦で敗北した京都大学と学習院大学は最後のインカレ出場の切符をかけ、3位決定戦で争う。

■大会ページはこちら