日本の走力で対抗だ。ライバル分析と注目選手を掲載/チャンピオンズトロフィー

2018.11.16 | 日本代表

チャンピオンズトロフィーは11月17日(土)から25日(日)、中国の常州で行われる。
アジア大会で初優勝を飾ったに女子日本代表さくらジャパン(世界ランキング14位)が戦うオランダ、中国、イギリス、アルゼンチン、オーストラリアを分析した。

9月のいばらき4ヶ国大会でさくらジャパンはオーストラリアに2-1で勝利。写真/金子周平

9月のいばらき4ヶ国大会でさくらジャパンはオーストラリアに2-1で勝利。写真/金子周平

世界最強、オランダ

世界ランキング1位のオランダ。
今年7月に行われたロンドンワールドカップで優勝。圧倒的な強さを見せつけた。

今大会では代表キャップ数200の主将エバ(Eva de GOEDE)選手(29)やマルゴ(Margot van Geffen)選手(28)など、経験豊富な選手もメンバーだが、代表経験のない選手が3人加わり、チームの底上げを目指す布陣となった。
平均年齢は23.4歳と中国の22.9歳に次いで2番目に若い。

◆注目選手は6番ローリエン(Laurien Leurink)選手。
1994年11月13日生まれで、24歳になったばかり。173センチの身長を活かしたダイナミックなプレーが持ち味。
ワールドカップでは全試合に出場し、3ゴールを決めた。

ローリエン選手のInstagram。

View this post on Instagram

HELP mij AFSTUDEREN! Heb je gestudeerd of ben je nog aan het studeren? Vul dan alsjeblieft mijn vragenlijst in!! Link in bio

Laurien Leurinkさん(@laurienleurink)がシェアした投稿 -

中国、地の利を生かしたい

大会ホスト国の中国。
7月のワールドカップでは出場16か国中最下位の結果だったが、オランダに得点を決めた数少ないチームである。

今大会でのデビュー選手はいないが、平均年齢22.9歳と最も若い布陣で臨む。

◆注目選手は19番張簫雪(ZHANG Xiaoxue)選手。代表キャップ数117と25歳ながら着実にキャリアを重ねている。
豊富な運動量とゴール前の素早い判断が特長。

リオ五輪金メダリストのイギリス

2016年リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得したイギリス。
ワールドカップにはイングランド代表が出場したが、今大会にはイングランドやスコットランド、ウェールズ代表の選手らがイギリス代表として出場する。

今大会デビュー選手は19歳のテッサ(Tessa Howard)選手。
主将のホリー(Hollie Pearne-Webb )選手(28)歳や、ローラ(Laura Unsworth)選手(30)など経験豊富な選手がそろっている。

◆注目選手は26番リリー(OWSLEY Lily)選手。現在24歳でバーミンガム大学の大学生。金メダルを獲得したリオデジャネイロオリンピックにも出場している。
2015年にはFIHの最優秀新人賞に選ばれ、フォワードらしい抜群のシュートセンスを持つプレーヤーだ。

リリー選手のTwitter。

アルゼンチン、ワールドカップの雪辱に燃える

世界ランキング3位のアルゼンチンはワールドカップ準々決勝戦でオーストラリアにシュートアウト戦で敗れ、7位という悔しさの残る結果に終わった。

今大会は2017年のFIH最優秀選手に輝いた12番デルフィナ(Delfina Merino)選手(29)やワールドカップ新人賞を獲得した20番ルシーナ選手(21)などタレントがそろっている。
今大会のデビュー選手はいない。19歳から33歳までの豊富な人材で挑む。

◆注目選手は才能あふれるアルゼンチンの選手の中でも際立つ15番マリア(Maria Granatto)選手。 今シーズンからオランダ1部リーグの HCOranje-Rood に所属。さくらジャパンの及川栞選手とチームメイトだ。

154センチと小柄だが、瞬発力と巧みなドリブル技術を生かしたプレーで存在感は大きい。

2020年東京オリンピック見据えるオーストラリア

オリンピック3回、ワールドカップ2回の優勝経験を持つ強豪国で世界ランキング3位。
身体の大きな選手が多く、パワーがある。

ワールドカップでは日本と同じグループDを1位で突破した。3位決定戦ではスペインに敗れるも4位の戦績を残した。

ワールドカップでも主将を務めた26番エミリー(Emily Smith)選手は26歳ながら、代表キャップ数200を超える経験を持つ。
今大会には19歳のレベッカ(Rebecca GREINER)選手や、25歳のペニー(Penny SQUIBB)選手2人の選手が代表デビューをし、2020年東京オリンピックに向けて選手の発掘をする狙いもありそうだ。

◆注目選手は2番マロン(Malone Ambrosia)選手。今年代表デビューをしたばかりの20歳だが、ワールドカップの日本戦では先制点を決めるなどの活躍を見せ、強豪オーストラリアの中心選手となっている。

マロン選手は9月のいばらき4ヶ国大会にも出場。さくらジャパンの狐塚美樹選手とのマッチアップ。写真/金子周平

マロン選手は9月のいばらき4ヶ国大会にも出場。さくらジャパンの狐塚美樹選手とのマッチアップ。写真/金子周平

■大会ページはこちら