4年に一度のワールドカップ、いよいよ決勝トーナメントへ

2018.12.10 | 海外

4年に一度の大舞台男子ワールドカップが11月28日にインドのブバネーシュワルで開幕。
12月9日までにグループリーグが行われ、いよいよ10日から決勝トーナメントが始まる。

残念ながら男子日本代表サムライジャパン(世界ランキング16位)はワールドカップに出場していないが、世界一を決める大舞台での迫力あるプレーは必見。

アジア大会準優勝のマレーシア、グループリーグ敗退

8月のアジア大会で男子日本代表サムライジャパンと決勝戦で激突したマレーシア(世界ランキング12位)はグループリーグ敗退が決まった。

ドイツ(6位)、オランダ(4位)、パキスタン(13位)と同グループのマレーシア。2敗1分の戦績で、失点数の多さが敗因となった。

絶好調のフランス、オリンピック金メダルのアルゼンチンを破る

ワールドカップに出場する16ヶ国のうち、最も世界ランキングが低いのがフランス(20位)。
フランスが属するグループAにはアルゼンチン(2位)、ニュージーランド(9位)、スペイン(8位)と強豪国が揃う。
フランスはリオデジャネイロオリンピック金メダルのアルゼンチンに5-2で勝利するなど大躍進を見せ、グループ2位で予選を突破。決勝トーナメント進出を決めた。

現在得点ランキング1位はオーストラリア選手

現在、得点ランキング1位を走るのは5得点を決めているオーストラリアのブレイク・ガバーズ (BlakeGovers)選手。
ブレイク選手は186センチの体格を生かしたダイナミックなプレーが持ち味の22歳。中国戦ではハットトリックを決める活躍を見せた。

決勝トーナメント始まる

20181210worldcup_tournament_pc

12月10日(月)からグループリーグを突破した12ヶ国による決勝トーナメントが始まる。
決勝戦は12月16日(日)に行われる。