サムライジャパン、アルゼンチンに13年ぶり勝利/チリ3ヶ国大会

2019.01.18 | 日本代表

男子日本代表サムライジャパンは17日のチリ3ヶ国大会第2戦アルゼンチン戦で4-3と勝利を収めた。(0-0/1-0/1-0/2-3)
男子日本代表がアルゼンチンに勝利するのは2006年ワールドカップ以来、13年ぶり。

リオ五輪金メダリストに4得点

アルゼンチンは2016年リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した強豪国。
1月26日にFIHプロリーグ初戦のベルギー戦が控えているアルゼンチンはチームの最終調整を図っている。

日本は第2Q、18分にペナルティーコーナーを獲得。
29番膳棚大剛選手(25歳・天理ベアーズ)がフリックシュートを決め、先制点を奪う。

さらに、後半開始直後34分にも膳棚大剛選手(25歳・天理ベアーズ)が再びフリックシュートで追加点を決め、2-0と日本リードで最終Qに突入する。

51分、初戦のチリ戦でも2得点を決めた21番和久利裕貴選手(24歳・福井クラブ)がタッチシュートを決め、3-0。
直後に7番村田和麻選手(26歳・小矢部 RED OX)がゴールを決め、4点差に広げる。

アルゼンチンはパワープレーを敢行。
日本は53分、55分、57分、に次々と失点を許してしまうが、4-3で勝利を勝ち取った。

チリホッケー協会のFacebook

サムライジャパン、現在1位

今大会は2回総当たり戦を行い順位を決める。
ここまで2戦を終えた男子日本代表サムライジャパンは2勝0敗0分けの戦績で、1位。

勝点 得点 失点 順位
日本 〇 4-3 〇 4-2 6 2 0 0 8 5 3 1
アルゼンチン ● 3-4 〇 5-1 3 1 0 1 8 5 3 2
チリ ● 2-4 ● 1-5 0 0 0 2 3 9 -6 3

19日(土)チリ戦、20日(日)アルゼンチン戦の残り2戦も勝ち切って1位を飾ってほしい。

■大会ページはこちら