いよいよ今週末に女子決勝戦。大学王座出場権をかけた順位決定戦にも注目が集まる/関東学生春季リーグ

2019.05.15 | 大学生

2019年度関東学生ホッケー春季リーグ女子1部の順位決定戦が5月19日(日)、早稲田大学東伏見ホッケー場で行われる。

山梨学院、50季連続優勝なるか

50季連続優勝がかかる山梨学院大学と駿河台大学が決勝戦を争う。

すでに今大会4試合で51得点をあげ、圧倒的な強さを見せる山梨学院大学。
初優勝を狙う駿河台大学は山梨学院の連覇を阻止できるか。

王座のトーナメントに影響を及ぼす3位決定戦

3位決定戦は東京農業大学と早稲田大学で争われる。

山梨学院や駿河台にも得点を決め、チームワークが光る東京農業大学。
3位奪還を目指す早稲田大学はホームグラウンドで白星を飾れるか。

3位決定戦の勝敗により、第38回全日本大学王座決定戦の第3代表と第4代表が決まる。

王座出場権がかかる5位決定戦

慶應義塾大学と学習院大学で争われる5位決定戦。

5位決定戦に勝利したチームは第38回全日本大学王座決定戦の出場権を獲得できる。
重要な一戦を制するのはどちらになるか注目が集まる。

プライドをかけた7位決定戦

入替戦にまわることになった立教大学と横浜市立大学で7位の座を争う。

3季ぶりに2部との入替戦に挑む立教大学。
リーグ戦の慶應義塾大学との試合で1点に泣いた横浜市立大学も今度こそ白星を掴みたい。

■大会ページはこちら