【サムライジャパン】世界ランキング1位のオーストラリアに0-3で敗北/テストマッチin大阪

2019.08.07 | 日本代表

男子日本代表サムライジャパン(世界ランキング16位)は8月7日 (水) 、大阪府茨木市の立命館OICフィールドでオーストラリア代表(1位)とテストマッチで対戦し、0-3で敗れた。(0-1、0-0、0-1、0-1)

【得点者】
 7分 FG #22 フリン・オギルビー
33分 PC #13 ブレイク・ガバーズ
57分 FG #9  ジェイコブ・アンダーソン

アイクマンヘッドコーチのコメント

サムライジャパン・アイクマンヘッドコーチのFacebook公開投稿の情報を一部抜粋すると、今回のオーストラリア戦で日本は防戦一方だったわけではなく、第1クオーターでは相手ゴールを脅かす危険なカウンター攻撃を何度か見せ、さらに後半は決定機を何度も作っていたようだ。

しかし、オーストラリアのGKが好セーブを見せ、DF陣は日本のペナルティーコーナーのチャンスを巧みに守り、得点ならず。

「試合開始から終了までオーストラリアがチャレンジングな姿勢で戦ってきたことにより、多くを学んだ」とコメントしているアイクマンヘッドコーチ。

世界ランキング1位のオーストラリアとの対戦経験をどれだけ今後に活かせていけるか。

8月17日〜21日まで大井ホッケー場で開催される東京2020テストイベントに期待がかかる。

▽試合前に円陣を組むサムライジャパン

▽サムライジャパンのウォーミングアップ

▽オーストラリアのコリン・バッチヘッドコーチ(右)

▽両チームの選手たち

(出典:サムライジャパンのアイクマンヘッドコーチのFacobook)