小早川志穂(東海学院大学)、太田匡亮(朝日大学)が最優秀選手に輝く/東海学生秋季リーグ

2019.10.07 | 大学生

10月6日(日)、2019年度東海学生秋季リーグが閉幕。

女子は東海学院大学が28季連続28回目の優勝。
男子は朝日大学が12季連続25回目の優勝を勝ち取った。

女子最終結果

男子最終結果

最優秀選手は小早川志穂、太田匡亮

女子最優秀選手には東海学院大学の小早川志穂(こばやかわしほ)が初選出された。

小早川は1999年生まれの現在大学2年生。
女子日本代表さくらジャパンのメンバーに抜擢されるなど、今注目の若手選手の一人だ。

FIH・シリーズファイナルin広島の日本対ロシア戦に出場した小早川 写真/金子周平

男子最優秀選手には朝日大学の太田匡亮(おおたきょうすけ)が選ばれた。
今回が2度目の選出。

スピードを生かしたプレーでチームを引っ張る太田匡亮 写真/樅木貞一

■大会ページはこちら