【第3日】丹生勝利、岐阜各務野逃げ切る 高校女子ホッケーサマーチャレンジカップ

2020.08.14 19:17

高校女子ホッケーの独自大会「高校女子サマーチャレンジカップ2020」(主催:各務原市ホッケー協会)が14日、川崎重工ホッケースタジアム(各務原市)で実施された。

第1試合は丹生(福井)が石動に(富山)4対0で勝利した。第2試合は岐阜各務野(岐阜)が今市(栃木)を2対1で下した。

第3日・試合結果

第1試合(Aプール)

丹生 4-0 石動
(1-0/1-0/2-0/0-0)

▼得点者
丹生:吉田未唯2、北山真央、野尻小桜

▼戦評

35度を超える猛暑の中、石動のセンターパスにより試合が開始された。開始5分素早い展開でチャンスを作った丹生はPCを獲得するが石動の堅守により得点を許さない。10分攻撃を続ける丹生は#5吉田が押し込み先取点を挙げ、第1Qを1対0で終了する。

第2Q石動は守備の開始をセンターラインまで下げディフェンシブにするも26分丹生の#4北山がリバースヒットで追加点を挙げ、2対0で丹生がリードを広げ第2Qが終了する。

第3Qは丹生のセンターパスにより開始された。さらに点差を広げようと丹生の猛攻に対し石動の#1太田の好セーブにより得点にはならなかった。40分丹生#11野尻のリバースヒット、41分#5吉田のリバースヒットで加点し4対0で第3Qが終了する。

第4Qは石動の厚い守備で丹生の猛攻を止め、何度か石動のチャンスが訪れるが、丹生は得点を許さず4対0で丹生が勝利した。

第2試合(Bプール)

岐阜各務野 2-1 今市
(1-0/1-0/0-0/0-1)

▼得点者
岐阜各務野:佐々木里紗2
今市:村山裕香

▼戦評

今市のセンターパスにより試合が開始された。両校一進一退のゲーム展開の中、開始12分岐阜各務野がPCを獲得し#14平光のヒットを#9佐々木がタッチして均衡を破る。今市も攻撃を仕掛けてチャンスを狙うが岐阜各務野の高い位置からのプレッシャーで阻止し、1対0で第1Qが終了する。

追いつきたい今市は第2Q開始からもショートパスで攻撃を続け、PCを獲得するも得点には至らない。一方、29分岐阜各務野#9佐々木のリバースヒットがゴール上段に突き刺さり追加点を挙げ2対0で第2Qが終了する。

第3Q岐阜各務野のセンターパスにより開始された。32分各務野はゴール前の得点機を今市の#14金井の好セーブにより点は決まらない。第3Qは両校無得点のまま終了した。

第4Q47分、今市#9村山がPCからリバースヒットで1点目を挙げた。さらに、51分今市がペースをつかみ、2度目のPCを獲得したが、岐阜各務野の粘り強い守備で阻み2対1で岐阜各務野が勝利した。

星取表

各プールごとの順位は以下の通り

※戦評、星取表は大会事務局提供

▼大会最終日である明日15日に行われる順位決定戦の対戦カードは以下の通り

10:00 5位決定戦 岐阜総合 VS 今市
12:00 3位決定戦 石動 VS 立命館
14:00 決勝戦 丹生 VS 岐阜各務野

関連記事

▼大会日程はこちら

代替大会情報

新型コロナウイルス感染症拡大の影響でインターハイは中止となりましたが、地域単位での代替大会が実施・予定されています。マイホッケーでは代替大会の結果等を掲載し、高校生たちの活躍を応援していきたいと考えています。なにか情報がありましたら以下のメールアドレスまでご連絡ください。

info@myhockey-plus.com