糸生・常磐スポーツ少年団にインタビュー、全国優勝の秘訣は

2018.08.13

スポーツ少年団の全国一を決める全国スポーツ少年団交流大会が8月4日(土)から3日間にかけて行われ、女子優勝を飾ったのは福井県の糸生・常磐スポーツ少年団。初優勝だ。
決勝トーナメントでは、4試合全て無失点で優勝を勝ち取った。
優勝をつかみ取った勝因とは?チーム代表者の為国さんに話を聞いた。

糸生常磐女子集合写真 - 為国栄輔

自分たちの目指すホッケーができた

今年、初優勝でしたが、勝因は何だったと思いますか?
為国:自分達の目指してきた、走ってパスと心をつなぐホッケーが最後まで出来ました

大会を通して、子供たちが成長したなと感じられる場面がありましたら教えてください
為国:自分のしたいことをするのでなく、すべきことを考え、他をおもいやる気持ちを持てるようになってきました

普段の練習で、心がけていることやチームの目指す姿は?
為国:自分の判断でプレーが出来るよう、一つ一つのプレーに考えを持つよう求めています

プッシュパス、走力で優勝を掴みとる

うちのチームはここが違う!など、アピールポイントありますか?
為国:全国大会までほとんどプッシュパスを使ったので、副産物に走力がつきました。
女の子らしさがつく練習ないかなぁ。

今後の目標を教えて下さい
為国:心技体そろった日本一にふさわしいチームをめざします!

練習の成果を全国の舞台で存分に発揮した選手たちの表情はとてもかわいらしい弾ける笑顔。
全国優勝という大きな経験を積んだ彼女たちの今後の活躍が楽しみだ。