さくらジャパン、逆転優勝。一谷奈歩選手のアシストから鳥山麻衣選手が決勝ゴール/いばらき4ヶ国大会

2018.09.18 | 日本代表

立命館OICフィールドで行われるSOMPO CUP女子ホッケー4ヶ国いばらき国際大会が9月16日(日)に閉幕。
女子日本代表さくらジャパン(世界ランキング14位)は決勝戦でオーストラリア(3位)を2-1で倒し、優勝を飾った。(1-1/1-0/0-0/0-0)

大会MVPにはさくらジャパンのキャプテンを務める清水美並選手が選出された。

さくらジャパン、優勝!会場の立命館OICフィールドには多くの観客が駆けつけ、さくらジャパンを応援した。(写真/金子周平)

さくらジャパン、優勝!会場の立命館OICフィールドには多くの観客が駆けつけ、さくらジャパンを応援した。(写真/金子周平)

決勝戦、逆転勝利

大会最終日の9月16日(日)、女子日本代表さくらジャパンはオーストラリアとの決勝戦を迎えた。
リーグ初戦のオーストラリア戦ではミスが修正できず、敗れてしまったさくらジャパン。
目標に掲げていた優勝に向け、一致団結して試合に臨んだ。

先制点を決めたのはオーストラリア。
試合開始わずか3分で先制点を許してしまった。

試合開始からわずか3分。オーストラリア代表21番TAYLOR Renee選手のゴールで失点。(写真/金子周平)

試合開始からわずか3分。オーストラリア代表21番TAYLOR Renee選手のゴールで失点。(写真/金子周平)

しかし10分、日本はペナルティーコーナーから1点を取返し、同点に。
今大会がさくらジャパンデビューで最年少19歳の26番鈴木美結選手がタッチで合わせた。

日本のペナルティーコーナー。観客もかたずをのんで見守る。(写真/金子周平)

日本のペナルティーコーナー。観客もかたずをのんで見守る。(写真/金子周平)

さらに、22分に日本は追加点を決める。
32番一谷奈歩選手がスピードにのったドリブルでオーストラリアDFをかわし、サークルイン。逆サイドポストにいる25番鳥山麻衣選手にボールを送り、日本が逆転。

ゴールを喜ぶ32番一谷奈歩選手と25番鳥山麻衣選手。(写真/金子周平)

ゴールを喜ぶ32番一谷奈歩選手と25番鳥山麻衣選手。(写真/金子周平)

オーストラリア監督「どんなにペナルティーコーナーが大事か」

オーストラリア代表のゴードウィン監督は「前半の終わることにようやく私たちは良くなったと思う。この試合ではいかにペナルティーコーナーが重要かということ示した」とコメント。

引用:OFFICIAL WEBSITE OF HOCKEY AUSTRALIA|"Hockeyroos Beaten By Hosts In Four Nations Decider"

ハイライト動画

その他の写真