【コラム】藤本一平の越境ホッケープレイヤー欧州観戦記 Part.3~日本とオランダ、ドイツ、フランスを比べて感じたこと「環境面」~

2018.10.05

ホッケー強豪国オランダ(世界ランキング女子1位、男子4位)とドイツ(女子5位、男子6位)の国内リーグを観戦した藤本一平氏によるコラム「越境ホッケープレイヤー欧州観戦記」。
全4部の構成で、第1部では今回の旅程の概要。ドイツリーグの選手間の競争の激しさなどを掲載。
第2部では日本とオランダ、ドイツ、フランスを比べて感じたこと「パフォーマンス面」について掲載した。

第3部では日本とオランダ、ドイツ、フランスを比べて感じたこと「環境面」について。
藤本氏による日本との比較が大変興味深い。

藤本一平Ippei Fujimoto

1989年3月27日、山梨県生まれ。天理高校では同級生の田中健太(日本代表)に誘われホッケー部に入部。早稲田大学に進学し、関東春季リーグ優勝や大学王座準優勝に貢献。4年生では主将を務める。大学卒業後は名古屋フラーテルホッケーチーム(現ベルテクスホッケーチーム)に所属し、社会人選手権4度の優勝や高円宮牌男子ホッケー日本リーグ3度の優勝を勝ち取る。大学在学時にU21日本代表に選出され、ジュニアワールドカップに出場。シニア代表選手としてアジア大会やワールドリーグセミファイナルに出場した。CAP数59。2017年シーズンをもって現役選手を引退。情報発信にも長け、ホッケーファンの間では長年、藤本氏のブログが愛読されている。

日本の環境

日本とオランダ、ドイツ、フランスを比べて感じたことについて、前回は「パフォーマンス面」について書きましたが、今回は「環境面」について述べたいと思います。

ホッケーに限った話ではありませんが、ヨーロッパのスポーツは基本的に「クラブスポーツ」という組織で運営されていることが多いようです。他方、日本は大学生までは学校単位でチームが構成されることが多く、また社会人チームは企業単位でチームが構成されることが多い傾向にあります。現在の日本のホッケー界の社会人チームは、女子の4強は企業チームであり、男子は全体的にクラブチーム(所属しているのは社会人選手が中心)の形が運営されていることが多いですね。

どの形態でチームを組織するのが良いかについては一概に言えませんが、今回は「クラブの良さ」を感じる場面も多くあったのでそこに触れていきたいと思います。

「クラブの良さ」ということについて、主に以下の2点を中心に書いてみたいと思います。
・クラブのファミリー感(それを醸成するクラブハウスという「ハコ」)
・一貫指導ができ、競争も生まれやすい組織体系

クラブのファミリー感(それを醸成するクラブハウスという「ハコ」)

まず、クラブには子供から老人まで幅広い層の人々が会費を払って会員として所属しています。参考までにドイツのデュッセルドルファーは年間800ユーロ(日本円で約10万円)、フランスのスタッドフランセーズでは年間366ユーロ(日本円で約4万8千円)の会費がかかるそうで、この額はクラブによって異ります。トップ選手であれば期間限定で移籍することもありますが、基本的には子どものころからずっと同じクラブに所属し、子どもから大人まで、同じチーム名で、同じユニフォームを着て、年齢や競技レベルによってプレーするカテゴリーを分けていることが多いようです。

子どもからお年寄りまで、多様な年齢層の人々が構成する組織体系によって、クラブに所属する人同士の距離は非常に近く、まさにファミリーといった感じ。各クラブにはホッケーピッチの横にクラブハウスがあり、そこでは食事やお酒を楽しめる環境がありました。試合を観たあと、すぐにサポータたちはクラブハウスに入って飲食しながら会話を楽しんでおり、クーリングダウンを終えた選手たちも順にクラブハウスの飲食スペースにやってきて、食事を取りながら、家族やサポーターたちとコミュニケーションを取っていました。

Almere戦後、クラブハウス内で食事するHGCの選手たち。写真/藤本一平

Almere戦後、クラブハウス内で食事するHGCの選手たち。写真/藤本一平

旅程1(オランダ・HGC vs Pinoke)の試合前、Pinokeのグラウンドに到着したあと、「ケンタを応援にきたんだ」とHGCのサポーターやスタッフに挨拶すると非常にフレンドリーに応対してくれて、ヘッドコーチのポール・ヴァン・アスさんは「試合が終わったら、またクラブハウスで話そう」と声をかけてくれました。また、私の顔を観て日本人とわかったのか「あなたはケンタのファミリーかい?」と声をかけてくれたHGCサポーターも何人かいたし、ハーフタイムには「私の子どもがケンタと一緒にプレーしているわ」と声をかけてくれた夫婦もいました。

旅程3(オランダ・HGC vs Almere)の試合前にHGC関係者と再び顔を合わせたときは、笑顔で迎え入れてくれました。後述しますが(Part.4に掲載)、ケンタについてどう思うか、インタビューに協力してくれた方もいたし、試合後にショウゴとヒロキと私の3人がクラブハウスでケンタのクーリングダウンが終わるのを待っていると、HGCのサポーターが「こっちにおいでよ」と声をかけに来てくれて、オランダ名物のコロッケをシェアしてくれました。

余談になりますが、対戦相手だったPinokeにはニュージーランド代表のマルクス・チャイルド選手がおり、彼とは旧知の中だったので試合後のクラブハウスで話をしていました。すると彼の家族もニュージーランドから応援に来ていて家族を紹介してくれました。その後、マルクスはシャワーを浴びに行き、私はケンタがクーリングダウンや着替えを終えてクラブハウスにやってくるまでの間、すこし手持ち無沙汰になって1人で待っていました。
すると、チャイルド父が「ここに座りなよ」と言って、家族の輪に入れてくれていろいろと話をしました。その後、シャワーを浴びて戻ってきたマルクスは私に「なにか飲むかい?」とバーカウンターに連れて行ってくれてビールをおごってくれたのでした。

Pinokeのクラブハウス内。写真/藤本一平

Pinokeのクラブハウス内。写真/藤本一平

マルクスの兄で、ニュージーランド代表の名FW、サイモン・チャイルド選手は私と同い年で、2009年のジュニアW杯や2015年のワールドリーグセミファイナルで対戦したことがあります。2009年の大会では同じホテルに宿泊しており、大会MVPとなった彼の部屋を日本代表の仲間と一緒に突撃訪問し、ユニフォームやジャージの交換をしてもらったのです。そのとき彼は非常にフレンドリーに接してくれていまでも濃い記憶が残っているのですが、チャイルド父にその話をすると、「2009年はわたしも観に行ったよ。4位というニュージーランドのジュニア代表史上、最高成績だった。いまサイモンはニュージーランドにいて、オペ(手術)を受けたあとだからプレーしていないが、私としては2020年の東京五輪にサイモン、マルクス一緒に出てほしいと思っている」と言っていました。「ぜひまた東京で会いましょう」そんな話をしました。

以前からマルクスと旧知の仲だったこともありますが、試合後、グラウンドのすぐ真横に飲食可能なクラブハウスがある環境のおかげで、このようなコミュニケーションを取ることができたように感じ、またこのクラブハウスという「ハコ」はクラブのファミリー感を醸成する上で、大きな役割を果たしているようにも感じました。

ここでさらに余談を。

旅程3(オランダ・HGC vs Almere)のAlmereでは試合前に雨が降っていたこともあり、雨よけのあるクラブハウスの2階ベランダで観戦しようと3人で陣取りました。しかし、ここはホームAlmereの熱狂的ファンの定位置だったようで、強面の中年男性たちにジロジロと見られ、「Sushi!」などこちらを牽制するような言葉も聞こえて危険な予感が・・・。これは危険だ、移動しよう。

結局、クラブハウスの反対側にあるスタンドから観戦することにしました。試合中はクラブハウス2階席を中心にホームチームであるAlmereに応援歌やエールが送られており、「あそこにいたら危険だったね」と3人で移動して正解だったことを確認し合ったのでした。このような熱狂的なファンがいるのは、見方によってはそれだけクラブが愛されていることの証拠のようにも感じられたし、応援してもらえる選手にとっては力強い存在となるでしょう。

雨の中、HGC 対 Almere戦の試合を楽しむサポーターたち(スタンド側)。写真/藤本一平

雨の中、HGC 対 Almere戦の試合を楽しむサポーターたち(スタンド側)。写真/藤本一平

一貫指導ができ、競争も生まれやすい組織体系

クラブの中には年齢別、またパフォーマンスレベル別などでチームがカテゴリー分けされています。(ヒロキいわくフランスのチームメートの中には、「パフォーマンスレベルはクラブのトップチーム(1軍)でプレーできる実力を持っている選手でも、仕事の忙しさなどによってはトップチームではなく、セカンドチームでのプレーを選択する選手もいる」そうです)

小さいこどもからお年寄りまで、同じチーム名、同じユニフォームを着て試合をする。子どもたちと同じグラウンドでトップチームも練習しているし、トップチームの選手が子どもたちのコーチングしていることも多いです。(アッシュもコーチングを生業としているそう)

 レベルの高い選手の練習を間近で観れる、直接指導も受けられる、となると若い選手の成長はそうでない場合に比べて早まるでしょうし、クラブ全体で共通認識を蓄積できるので一貫した指導を行いやすい環境が整っていると言えるでしょう。

日本リーグの中には、学生と社会人が混合したチームも稀にありますが、そういう場合を除いて、日本のホッケー界は基本的に学校の部内など近い年齢層での競争に留まることが多い環境です。

中学生でいくら上手くても、高校生のカテゴリーの試合に出ることはないし、高校生がいくら上手くても大学のカテゴリーの試合に出ることはありません。しかし、クラブであれば、実力次第で飛び級が可能なシステムです。(特別な例ではありますが、前述のサイモン・チャイルド選手は18歳のときにオランダ・ロッテルダムからオファーがあり、ニュージーランドからオランダに渡ってロッテルダムの一員として5シーズンプレーしました)

実際に、女子ホッケー日本代表「さくらジャパン」の及川選手の所属するOranje Roodには18歳くらいのかなり若い選手もトップチームでプレーしているようですし、ケンタのチームにも学生は何人かトップチームにいるそうです。

オランダOranje Roodでプレーするさくらジャパンの及川栞選手。Part.4にも登場。 出典元:https://www.facebook.com/fhejapan/

オランダOranje Roodでプレーするさくらジャパンの及川栞選手。Part.4にも登場。
出典元:https://www.facebook.com/fhejapan/

上手くなろうと思ったら、自分より上手い選手と一緒にトレーニングすることがもっとも有効かつシンプルな方法だと思いますが、クラブはこれを実現しやすい組織になっているな、と感じた次第です。

ただ、これに近いことを実践している地域は日本でも多くあると思います。ショウゴは伊吹山中学校出身なのですが(ケンタと地元が同じです)、当時、滋賀クラブの社会人選手たちと対戦していたことがチームの強化に非常に役立っていたと述懐していました。日本リーグ出場チーム(栃木・飯能・福井・小矢部・島根など)は中高生と社会人チームが同じピッチで練習していることが多く、トレーニングマッチを行う機会は多くあると聞いています。

ただ、学校単位の大会が主流であり続ける限り、公式戦において若い選手が飛び級でトップチームでプレーすることは稀だと思うし、このあたりはやはりヨーロッパのクラブ型の組織の方が選手の育成スピードは早めることができそうな気がしました。

まとめると、多様な年齢層が集まる「クラブ」というは組織は、一貫指導がしやすく、競争原理も働きやすいため、チームの強化と選手の育成にとってな有効な側面があるのではないか、と感じました。

◆次回、第4部日本人はクラブにどう受け入れられているか~サポーターや監督のコメント~へ続く。