【写真】立命館大学、決勝戦進出を逃すも3位の座を獲得/全日本学生選手権

2018.11.07 | 大学生 | 社会人

11月4日(日)、男子第67回・女子第40回全日本学生ホッケー選手権大会(インカレ)の男子3位決定戦が行われた。

プライドをかけた3位決定戦

2018年関西春季リーグ優勝、大学王座優勝と今年すでに2つのタイトルを獲得している男子立命館大学。
今大会準決勝戦に進出したベスト4のチーム(山梨学院大学、福井工業大学、立命館大学、天理大学)のうち、今年タイトルを獲得しているのは立命館大学のみ。
日本リーグでも首位を走り、好調の立命館大学はインカレでも優勝チームの一つとして有力視されていたが、準決勝戦で山梨学院大学に0-2で敗北。
3位決定戦に回った瞬間、立命館の選手たちはがっくりとうなだれた。

準決勝戦から一夜明け、1年間築き上げたチームワークを武器に3位決定戦に臨んだ。

「堅守速攻」をモットーに戦う立命館大学。写真/金子周平

「堅守速攻」をモットーに戦う立命館大学。写真/金子周平

最多の29回のインカレ優勝回数を誇る男子天理大学。
2002年からは16年間3位以内を落としたことがなく、優勝5回、準優勝7回、3位4回の戦績を持つ強豪校。
2016年、2017年と2年連続決勝戦に進出するも、準優勝だった。

今年こそ優勝し、8年ぶり30回目の優勝を目指す天理大学だったが、準決勝戦で福井工業大学に0-1で敗北。
気持ちを入れ替え、3位決定戦に臨んだ。

チーム一丸となって戦う天理大学。写真/金子周平

チーム一丸となって戦う天理大学。写真/金子周平

1点が明暗を分ける

注目集まる男子3位決定戦。チャンスをものにし、3位の座を勝ち取ったのは立命館大学となった。
スコア:1-0(0-0/0-0/0-0/1-0)

試合開始4分に立命館がペナルティーコーナーを獲得するも得点にはつながらない。
第2Qでも攻撃は仕掛けるが、天理大学1番GK門脇軍馬選手のセーブ好セーブにより立命館はなかなかゴールが奪えない。
天理も第2Q終了間際にシュートを放つが、阻まれ0-0で前半を終える。

天理大学1番GK門脇軍馬選手の好セーブでチームを盛り上げる。写真/金子周平

天理大学1番GK門脇軍馬選手の好セーブでチームを盛り上げる。写真/金子周平

両チーム得点チャンスは作るものの、0-0のまま第4Qを迎える。

天理大学2番野村行選手(3年生)と立命館大学21番藤島来葵選手(1年生)。写真/金子周平

天理大学2番野村行選手(3年生)と立命館大学21番藤島来葵選手(1年生)。写真/金子周平

ついに、49分、立命館大学がペナルティーコーナーを獲得。

立命館大学ペナルティーコーナーのパッサーを務めるのは11番渡辺晃大選手(4年生)。写真/金子周平

立命館大学ペナルティーコーナーのパッサーを務めるのは11番渡辺晃大選手(4年生)。写真/金子周平

4番池田端選手(4年生)が混戦したゴール前からシュート。待望の得点を決める。

混戦したゴール前でシュートを放つ4番池田端選手(4年生)。写真/金子周平

混戦したゴール前でシュートを放つ4番池田端選手(4年生)。写真/金子周平

得点を喜ぶ立命館。写真/金子周平

得点を喜ぶ立命館。写真/金子周平

何とか追いつきたい天理大学も最後まで粘るが、1-0で立命館大学が勝利をつかんだ。

今大会3位でとなった立命館大学。写真/金子周平

今大会3位でとなった立命館大学。写真/金子周平

立命館大学、天理大学はともに12月に行われる関西学生秋季リーグ優勝を目指す。