【コラム】男子ホッケー日本代表主将・山下学 ドイツへ渡る 第1回

2020.08.30 10:30 | 日本代表

活動再開・移籍へ

ようやく代表活動が再開されたのは6月。感染症対策を徹底したうえで岐阜で強化合宿が再開され、山下も参加。久しぶりに代表メンバーと顔を合わせ、ホッケーができたことに「ああ、これがナショナル(日本代表)の合宿だな、とうれしく思った」。

その合宿中、山下は自身の想いを日本代表監督のシギ・アイクマンにぶつけた。「海外リーグに挑戦したい。オリンピックが1年延期になったことでできた時間を、より高いレベルのリーグで過ごしたい」。

オランダ人のシギは国際ホッケー連盟(FIH)のコーチライセンスの指導役(エデュケーター)を務めており、世界中の指導者とのつながりが濃い。

山下の想いを受けてシギはコーチ仲間に声をかけ、 「経験豊富でリーダーシップのある選手を求めていた」ドイツ1部リーグ・ニュルンベルクへのレンタル移籍が決まった。

しかし、話は決まったものの、このコロナ禍でドイツに渡航できるのか。海外移籍時には言葉の壁や文化の違いの問題が取り沙汰されるが、今回はまず、現地にたどり着くことができるのか。渡航の問題が壁として立ちはだかった。

第2回に続く

(藤本一平)


▼インタビュー動画(7月31日に取材)

「日本代表合宿の様子やドイツ移籍について」

山下学のプロフィール

2019年8月の五輪テスト大会でプレーする山下選手 写真=金子周平/マイホッケー

好きなお寿司のネタは「えんがわ」。オーストラリア・メルボルンのクラブでプレーしていた際はチームメイトやサポーターたちから「ヤマ」の愛称で親しまれていた。

【山下学のSNS】
Instagram:https://www.instagram.com/yamashita0204/
Twitter:https://twitter.com/yamashita0204

関連記事

123