【コラム】男子ホッケー日本代表主将・山下学 ドイツへ渡る 第2回

2020.10.06 21:10 | 日本代表

成田発フランクフルト行き

2回目の渡航挑戦は11日に決まった。

しかし、事態はなかなか好転しない。

11日の渡航実現に向けて「いろんな人が動いてくれている」と山下からメッセージが届いたが、その後も準備が整わず、結局11日の渡航も許可が下りなかったのだ。

山下の国際大会出場試合数は180を超える。これまで何度も繰り返してきた海外遠征。現地では日本との文化や環境の違い、食事、気候の面などさまざまな苦労があっただろうが、渡航自体にこれほどまで苦労した経験はないだろう。

今回の海外挑戦は水の泡となってしまうのか―。

そのような不安もよぎる中、14日。山下から連絡が入った。

「向こう(ドイツ)のスタッフが行けると言っている。またPCR検査を受けて、うまくいけば日曜日(16日)に行けるかな」

希望の持てるメッセージだ。

と同時に「もう吐きそう。プレッシャーで」という本音も。

いざ、3度目の正直。

16日。日本時間21時55分、成田発フランクフルト行き。この便に搭乗できるか。

筆者は空港に行けなかったが、手続きのため昼過ぎに成田に到着した山下から夕方頃、連絡が入る。

18時30分。

「まだカウンター開くのを待っている」

今回はどうだろうか。

筆者が「渡航後、現地に着いたら数日隔離なのか」と聞くと

「強制隔離はないそう。ドイツに着いたらまたPCRは受ける」との返答。

20時51分。山下からメッセージが入る。

「行けた」と一言。

「よかった!」

そして、21時55分。サムライの主将を乗せた便が飛び立った。

アブダビでのトランジットを経て、無事、ドイツに降り立った山下。現地到着後はクラブのアパートメントに入居する前にいきなりオランダツアーという生活が待っていた。

◆第3回に続く

山下(右)と筆者 ソーシャルディスタンスを保って

(藤本一平)

山下学のプロフィール

2019年8月の五輪テスト大会でプレーする山下選手 写真=金子周平/マイホッケー

好きなお寿司のネタは「えんがわ」。オーストラリア・メルボルンのクラブでプレーしていた際はチームメイトやサポーターたちから「ヤマ」の愛称で親しまれていた。

【山下学のSNS】
Instagram:https://www.instagram.com/yamashita0204/
Twitter:https://twitter.com/yamashita0204

関連記事

123