田中健太所属のHGC、Hurleyに勝利し6位に/ホッケーオランダリーグ

2021.11.12 16:00 | 日本代表

 世界最高峰のホッケーオランダリーグ(フーフトクラッセ)は現地時間10月31日に第10節が行われ、田中健太所属のHGC(ハー・ヘー・セー)はKampongに0対2で敗れた。11月7日の第11節はHurleyと対戦し、3対2で勝利した。(写真は第10節=Rik Komor/HGC)

試合結果

第10節

HGC 0-2 Kampong
得点者:
・Kampong:4分 Bjorn Kellerman(FG)、36分 Robbert Kemperman(FG)

▼ハイライト動画

第11節

HGC 3-2 Hurley
得点者:
・HGC:8分 Seve van Ass(PC)、18分 Seve van Ass(PS)、59分 Gordon Johnston(PC)
・Hurley:25分 Floris van Son(PC)、47分 Borja Llorens(PC)

▼ハイライト動画

田中のコメント

Kampong戦について

 ここ数試合リードしながら勝ちきれない試合が続いており、Kampong戦では自分達のプレーを1試合通して継続することを意識して試合に臨んだ。前半は先制されたが多くのチャンスを作ることができた。しかし、得点に繋がらなかった。後半になると徐々にペースを相手に握られる場面が増え、追加点を許してしまった。結果、0対2で敗戦。PCの数で言えばこちらの方が上だっただけにチャンスをモノにする必要があったと思う。この先プレーオフに進むにはどのチームにも負けられない。しっかりチームとして準備していきたい。

Hurley戦について

 Hurleyはリーグ最下位で勝ち星がないこともあり、この試合は絶対に負けられない試合であった。早い段階で2対0とリードを広げ、圧勝ムードが漂っていたが、またしても後半に失速。同点に追いつかれてしまう。しかし、PCで逆転に成功し3対2で何とか勝利を収めることができた。やはり課題は後半での戦い方だと改めて危機感をもった。
 これで全てのチームと一度対戦して、来週のBloemendaal戦が前半シーズンの最後となる。後半でのゲーム展開をしっかり修正し、また個人としても結果でチームを助けれるようにしっかりと準備していきたい。

次戦

 HGCは第11節を終え、勝点18(5勝3敗3分)で12チーム中6位となった。
 次戦は現地時間14日(日)14時45分から、勝点31で首位に立つBloemendaalと対戦する。

順位表(第11節終了時/LIVESPROTSより)

田中健太のプロフィール

生年月日:1988/5/4
血液型:A
身長:173cm
体重:69kg
出身地:滋賀県
出身校:春照小学校/伊吹山中学校/天理高校/立命館大学

日本代表CAP数は161、ゴール数は80(2021年11月9日現在)。

モットー・座右の銘は「一所懸命」。尊敬する人はイチロー、三浦知良。(2019年の五輪テスト大会「READY STEADY TOKYO」の選手プロフィールより)

田中健太選手を応援しよう!

スポーツギフティングサービス「Unlim」を通して田中健太選手を応援しよう!

田中健太選手のメッセージ
「オランダリーグでプロ選手として活動しています。ギフティングはフィールドホッケーの普及、発展に活用いたします。」

Unlimは、応援だけでは伝えきれない、よりたくさんの「好き」「ありがとう」「頑張れ」という想いを、直接アスリートに届けることが出来る、スポーツギフティングサービスです。
https://unlim.team/fansより)

関連記事