【速報】立命館大学、シュートアウト戦の末7季連続20回目優勝を勝ち取る/関西学生春季リーグ

2019.05.26 | 大学生

5月26日(日)、関西学生春季リーグ男子決勝戦が立命館OICフィールドで行われた。
7連覇を目指す立命館大学と7季ぶり94回目の優勝を狙う天理大学で争われ、立命館大学が1-1(SO4ー3)で勝利。(1-0/0-0/0-1/0-0)

7季連続20回目の優勝を飾った。

男子1部最終順位

7位に終わった関西学院大学は、関西第5代表として第38回全日本大学ホッケー王座決定戦の出場権をかけ、法政大学(関東学生春季リーグ1部4位)とのプレーオフに臨む。

1部7位の関西学院大学と8位の甲南大学は7月14日(日)甲南大学ホッケーグラウンドで行われる男子2部との入替戦に回る。

■大会ページはこちら