【一平チャンネルVol.05】参考にしたいDFのマーキングとFWのリードスキル

2019.10.10 12:49 | 一平チャンネル

こんにちは!

藤本一平です。

今回はEHLを観戦して印象に残った戦術的・技術的な点について、DFの「マーキング」とFWの「リードスキル」について紹介したいと思います。

▼前回の記事はこちら

勝敗を分けたもの

今回のEHLは16チームが参加し、トーナメント形式で開催。2回勝ち上がった4チームが来年4月のFINAL8への進出を決めました。

残念ながら田中健太選手(以下、健太)が所属するHGC(オランダ)は初戦でイングランドのHampstead & Westminster(以下、ハムステッド)と対戦し、1-2で敗戦しました。(イギリス駐在経験のあるKさん曰く、ハムステッドは古豪クラブ)

View this post on Instagram

HGC EHL in Barcelona

A post shared by Ippei Fujimoto (@_ippei_fujimoto_) on

初戦を突破したハムステッドは2回戦でドイツのMannheimer HC(以下、マンハイマー)と対戦。拮抗した試合となりましたが、マンハイマーが2-1と接戦を制してFINAL8への進出を決めました。

この2試合を観戦して感じたのはハムステッド、マンハイマーの「DFのマーキング」の意識の高さです。

両チームとも守備の際、DF陣が相手FWに密着し、マンツーマンマーキングを徹底していました。 (今回紹介するのはマンツーマンマークですが、状況によってゾーンマークの方が有効なときももちろんあります)

この動画はHGC対ハムステッドの第3Q終了間際のシーン。赤色のハムステッドがしつこいマーキング。(パソコンでご覧の方は右下の四角マーク「全画面」ボタンを押せば動画を拡大して見ることができます)

水色のユニフォームがHGC。健太もサークル内でリード。

試合後、健太は「相手DFはかなりマークがきつくて身体もぶつけてきた。オランダリーグでもあまり経験しないくらいの厳しさだった」と振り返っていました。

2回戦のマンハイマー戦でもハムステッドは下の動画のようなマンツーマンDFを見せています。

ボールが相手陣にある状況でのマンツーマンDF

こういったマークをするのが当然だと思われがちですが、いざ実行しようとするとなかなかできないものです。

単に相手の近くにいるだけではなく、身体が接触する距離を維持。相手FWの前後左右どの位置にポジションを取るかも状況に応じて微調整。

これを1試合通じて徹底するには運動量も必要ですし、自分の対面にパスを出させない!というメンタリティも必要になってきます。

ハムステッドには代表選手が数名(Harry Martin、Will Calnanら)いますが、そこまでスター選手が多いわけではないようです。HGCの方が代表クラスの選手が多く、下馬評ではHGCが勝利するという見方が多かったのですが、ハムステッドがHGCを下し、マンハイマーにも僅差の試合を展開できたのは、このマーキングによる力が大きかったのではないかと感じました。

マンハイマーもドイツのチームらしい勤勉な「タイトマーキング」を見せていました。

マークを外す

一方でFW側の視点に立ってみると、このマークを外さなくてはボールを受けられません。パスをもらうためのリードスキルが必要となりますが、そこは健太がお手本となる動きを見せてくれました。

水色のユニフォームでゴール前にパスを出したのが健太

0:03秒くらいの サークル内での健太のワンフェイントが効いて、相手DFのマークを外せています。

私が日本代表合宿に参加してい当時の話ですが、

元男子ホッケー日本代表ヘッドコーチの姜さん(現在、表示灯フラーテルホッケーチームのコーチ)と1対1でビデオミーティングでコーチングを受けた際、「相手DFの顔の向きを見て、自分から目を離した瞬間にリードしろ」と教わりました。今回の健太の動きもそのタイミングでリードできているように見受けられます。

フェイントのタイミング、その後のレシーブ&パスと、質の高いプレーを魅せてくれました。(と同時に味方選手、シュートを決めてくれ!と心で叫びました)

ざっくりとした紹介にはなりますが、今回は

・当たり前に知っているけど、なかなか実行するのが容易ではないマーキング
・それを交わすためのリードスキルのお手本の動き

を紹介しました。

なにかの参考になれば幸いです。次回はまた違った目線の記事を紹介できればと思います。

それではまた!

藤本一平

▼マイホッケーの活動を支援する
寄付ページはこちら